スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
天然酵母でスコーン
090325_3.jpg 090325_4.jpg

「天然酵母でつくるお菓子」より、スコーン。

さて、仕込みを始めたのはかれこれ3日前。

粉類と小さく切ったバターを一晩冷蔵庫に置いておき、翌朝取りかかった。
以前、安く買えたカルピスバターを大事に保存してあったので、それを使った。最近バターたっぷり使うものって作ってなかったからなぁ。ちょっと大事にしすぎてるかも本当はよつば発酵が好きなんだけど、最近あまり見かけないな。あっても高いし。いい加減に何とかならないものだろうか…バター事情。

粉とバターをフープロにかけるのですがウチはフープロが無く、マルチミックスのチョッパーを使った。容量が小さいから3回くらいに分けなきゃいけないけど(それなら最初からまとめて手ですりあわせる方が早いのかもしれない…)まぁ普段料理に使うには、この位でも全然大丈夫。場所も取らないし。
でもさっき調べてて驚愕の事実。もうこれ廃盤になってた。ハンドミキサーも結構使えるし、ニーダーもついているものって他にあったっけ…結構いい商品だと思うんだけどなぁ。残念。大事に使おう。

ガーっとやった生地をボールに入れ、牛乳・酵母などを混ぜたものを加えてすりすり。チョコチップを入れて混ぜ混ぜ。酵母がいい匂い。そしてビニール袋に入れて平らに伸ばして冷蔵庫へ。本当は棒状に伸ばすらしいんだけど、セルクルを持っていないし無駄が出るのも微妙だったので(貧乏性)四角く伸ばすことにした。でもなんか調子に乗って混ぜすぎたらしくバター溶けてきてた…やばい。

そして本日焼き上げ。

1~4日寝かせることによって発酵が徐々に進み、食感が変わるとのことなので1日ごとに焼いてみたかったけど、面倒なのとオーブンが勿体ないので(けちー)3日寝かせて一気に焼くことにした。
上記の通りセルクル持っていないので、端を切り落としてから四角に切りそろえた。予想よりでかいかも。そして切り落とした所は切り刻み、適当に丸くまとめて一緒に天板に並べた。この方法はどこかの本を立ち読みした時見かけたような…どの本か忘れてしまった

表面に軽く牛乳を塗り、オーブンへ。久々に、リッチなバターの焼ける匂いが凄く心地よい。焼き上がりの色も上々。
甘さはかなり控えめ。さくさく、ざくざくと食感は割と硬めで軽め。ちょっと焼きすぎたかなとも思うけどこの食感とバターっぽさは美味しい。でも口の中の水分が奪われる…。寝かせる時間短かったら、もっとしっとりどっしりしてたかな?とりあえずスタバ系のスコーンとはかなり違う感じ。バター奮発したせいか高級なお菓子の味がする~♪(あぁ感想が貧困)


カルピスバター無塩 450g


090325_1.jpg 090325_2.jpg

関連記事



( 2009.03.25 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りお菓子 ジャンル: グルメ
タグ:お菓子 天然酵母
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。