スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
ドライマンゴーとヨーグルトのベーグル
090111_1.jpg 090111_2.jpg

フィリピン土産に7D ドライマンゴーをたんまり頂いた。
というわけで何か加工されるのを期待されているようなので試作を。
ケーキにしようかとも思ったけどパンのほうが楽かな~と。(そうとは限らない)

分量は何となく。
キタノカオリ 250g
*塩 3g
*砂糖 12g
*イースト 3g
*ヨーグルト 100g (参考:ヨーグルト水分量100g中87.7g:食品成分表)
*水 70g
*ドライマンゴー 60g

生地コース実行、約20分後発酵に入ったら取り出し、(途中ミックスコールで刻んだドライマンゴーを加える。工程約3分)6分割して丸め(なるべくマンゴーが表に出ないようにした)15分ベンチタイム。
楕円に伸ばして、長いほう両端から中央に向かってくるくる巻き、しっかり綴じたらコロコロと細長く伸ばし、輪にする。(文字だと自分でもよくわかんねー)
15分発酵させたらケトリングし、(やっぱ発酵は20分がいいかも。ケトリングでちょっと沈んだ)200度のオーブンで15~18分焼く。

6分割にしてみたのは初めてだったけど、このくらいの生地量のほうが成形しやすい。棒状にしやすかったのでちゃんと輪になったし、綴じられたし、(まだちょっと甘いけど)ケトリングも楽だった。あと何故か表面が今までよりも滑らかになった気がする。ケトリングで砂糖じゃなく蜂蜜やモラセス使ってみたらもっとピカーっとするかも。
ちなみにケトリング時間は1個ずつ順に6個入れ、入れたら最初に入れたものから返し、全部返したら最初に入れたものから引き上げるって感じで時間にしたらよくわからん。テキトー。

焼き上がりがまたバリバリと底割れした。ベーグル何度か作ったけど初めてだ。ていうか前ソフトフランス作って割れた時と同じキタノカオリつかってるけど何か関係あるのか?と思いググってみたら、キタノカオリで底割れしてる現象結構あるっぽい。何故だろうなぁ。
でも次回は底割れの対処してみよう。発酵時間取るとか茹で時間取るとか。

味の方は、マンゴーが適度にジューシーで、ヨーグルト混ぜた生地が適度にもっちり。バランスはいい感じ。もうちょっとマンゴー小さく切ったほうがよいかと思われ。
090111_3.jpg 090111_4.jpg

関連記事



( 2009.01.11 ) ( 成形パン(スイート) )

タグ:キタノカオリ ベーグル ドライフルーツ お試し
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。