スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
ミニソフトフランス
081124_2.jpg 081124_4.jpg

*強力粉 200g(キタノカオリ
*薄力粉 50g(フラワー)
トレハロース 10g
*塩 4g
*バター 5g
*水 162g
*イースト 3g
生地コースのみ。ベンチタイム5分、2次発酵30℃30分。
オーブン220℃で予熱、200℃に下げ18分焼成。

TYPE-ERは買ってあったけど何となくキタノカオリ+フラワーで。
捏ね中、生地が少々硬かったようでろくろになってた。水の量はあんまり変わらないハズなんだけどな。水もうちょっと足しても良かったかも。(成形して2次発酵後、よく見たらちょっとイースト粒が残ってるように見えた)
ベンチタイム15分だったハズなのに何故か5分で切り上げてしまった。謎。でもあまり支障は無かったっぽい。そして何故か成形しやすい。

クープも、何となく剃刀とウェンガースナックナイフで2種類。入れ方もちょこちょこ変えてみたり。これも何となく。でもやっぱウェンガーのナイフでずばっと入れた方が綺麗かなーと思う。剃刀が悪いのかもしれないけど、(普通の化粧用だから深く入らない)まぁナイフでやろう。

それよりも謎だったのが、焼き上がり見てみたら底の閉じ目がパッカリ開いてしまっているものが半分あった。上手く下にならなかったのかな?とも思ったけど、無理無理開いちゃってるものも。いつも通りきちんと閉じて、閉じ目を下にしたんだけど何故だろう。膨らみ自体はとても良い。

・粉変えた。
・生地硬かった。
・糖分全量トレハにした。
・ベンチタイム少なかった。(関係ないかも。てか発酵時間も少なかった?)
・霧吹きすぎ。
原因はどれでしょ?

キタノカオリの食感はもちもち、ぱりぱりでとても良かった。けど、味自体は以前のTYPE-ERやリスドォルに比べ薄い感じがする。香りが少ない?(甘さが薄いのはトレハのせいかもしれない)使いどころとしては、シンプルなパンではなくてリッチなパンに良いかも。食感はいい感じ。ベーグルやってみたいな。

※ちょっと調べてみたら今回の現象は粉の特性かもしれぬ。前回のヨーグルトパンといいこの粉は吸水が良いらしいのね。
081124_1.jpg 081124_3.jpg

関連記事



( 2008.11.24 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:キタノカオリ 定番
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。