スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
続・生種おこし機能でヨーグルト
110421_1.jpg 110421_2.jpg

先日初めて醸してみたヨーグルトですが、容器に関して不都合だなと思う所数点。
コーヒーの瓶は見た目良いけどヨーグルトがすくいにくい。洗いにくい。冷蔵庫の棚に収まらない。というわけでどうも使いにくいので却下。丁度良い容器を求めて某100円ショップをうろつくも、これだと思うものに出会えず帰宅。ホームベーカリーに入れるので、片手で上から持ち上げられて、高さほどほどで、蓋ができて、熱湯消毒するかもしれないから、ガラスではないけど最低耐熱100℃で…と色々考えるとどれもいまいちかなぁなんて。ヨーグルト専用容器もあるけど、それも何だかピンとこなくて。
で、帰宅後キッチンでジップロックコンテナが目に入り、何だこれでいいじゃんというわけで早速2回目の仕込みに。やはりスタック出来る容器の方が邪魔にならないし良いかもね。ホームベーカリーにもギリ入るしOKってことで。

今回の配合。
*ヨーグルト(今回はブルガリア) 大さじ2
*森永のおいしい低脂肪牛乳 500cc

低脂肪乳にチャレンジ。一応分類上低脂肪乳となっているものを選んだ。加工乳や乳飲料だと上手く固まらないらしいという噂?も見たので。
ジップロックコンテナーにヨーグルトを入れ、冷たい牛乳を200cc入れて混ぜる。残りの牛乳300ccを40℃に温めて混ぜる。何だか温度低い気がしたのでやっぱり200wで1分程追加で温める。こんな感じで混ぜる時はもうちょっと温度高くてもいいかな。(うちにはMAX500ccの計量カップしかナイ)けど計量カップを消毒するのも洗うのも面倒だからジップロックコンテナーの目盛りに頼ろうかなとも思う。
で、生種おこしモードのホームベーカリーにセット。

10時間後。多少ぷるぷるしているものの概ね固まっているので冷蔵庫へ。冷やしたら多少締まった。ちょっと酸味強めだったのでもしかしたら発酵時間長い?でも市販の低脂肪ヨーグルトよりも滑らかで良い感じかも。でもホエー出やすいかな。このヨーグルトで更に増殖を試みる。(牛乳は無調整)結果は次回。
んで取り敢えず、この一回醸した種とブルガリアの元種を冷凍してみた。そのうち解凍して増やしてみようかと。


110421_3.jpg
すっぽり

関連記事



( 2011.04.21 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:料理 ジャンル: 趣味・実用
タグ:お試し 天然酵母コース
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。