スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
コーヒーとチョコのベーグル
101128_1.jpg 101128_2.jpg

*レジャンデール 250g
*黒砂糖 10g
*塩 3g
*ショートニング 5g
*水 140g
*インスタントコーヒー 5g
*赤サフ 2g
*チョコチップ 1個につき10g(ホワイト・ブラック)

1時発酵なし、ベンチ15分、チョコチップ巻き込み、最終発酵オーブン20分+予熱時間分、ケトリング片面20秒、焼成220℃15分。

やっぱり水分が丁度いいのか、油分添加しているせいかすべすべして扱いやすい。砂糖でなく黒糖にしたのは何となく。以前黒糖ベーグル作ったときコーヒー少し混ぜたら結構美味しかったような記憶があったので。
チョコチップ巻き込むとき思うんだけど、何でいつも焼いてるとき噴火するんだろう。同じように巻いてるはずなんだけど噴火しないものもあるし。カリカリになってそれはそれで美味しいのだけど、中身がカラっとなってしまうのがちょっと悲しい。断面の写真、何故か中心付近に集まってたチョコがとじ目に向かって突進してる(笑)難しいな。

ホワイトチョコの方はコーヒーの香ばしさとミルキーで甘い感じがやっぱり合う。ブラックの方もビターで良いけどホワイトの方が好きかなぁ。黒糖の香りもしっかり残ってなかなか美味しい。食感もうまいこともっちり適度にひきのあるクラストになった。あぁこれ好みな感じ。やっぱり少し油分あったほうがいいかも。

甘いパンっていうのは、やっぱり美味しいねぇ…危険すぎ。

←ランキング参加中です。
関連記事



( 2010.11.28 ) ( 成形パン(スイート) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他外麦 ベーグル
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。