スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
コーングリッツのパン
100316_1.jpg 100316_2.jpg

*はるゆたか60g ベルムーラン90g ゴールデンヨット100g
*コーングリッツ 50g
*トレハロース10g 砂糖5g
*塩 3g
*マーガリン 20g
*牛乳 200g(+水小さじ1くらい)
*金サフ 3g
タイマー有り。焼き色普通。
値段につられて、初めてベルムーランを買ってみた。でも中途半端に余ってたはるゆたかを発掘したり、膨らまないことを恐れてゴルヨ多めに配合したので、粉自体の特徴はよーわからんかった。

パンは久しぶりにノーマル以外を焼いた。何となく棚整理してたら、以前買った色々なモノの賞味期限が怪しく(またはアウト)なっていたので、手始めにコーングリッツから処理。忙しさもあって色々と配合の妄想したり成形パン作る気力が無かったもので…。
コーングリッツって消費しづらいなぁ。コーンブレッドっていう方法もあるけど何となく億劫。結局イングリッシュマフィン1回しか作ってなくて勿体ないな。美味しかったんだけど…気力が…。

配合は、思いつき。調べようかとも思ったんだけど幾つが見てるうち何だか面倒くさくなってきて、失敗覚悟でどーんとパンケースに放り込む。ぐねぐね捏ねてるうち段々硬めなような気がしてきたので、意味あんのかなコレと思いつつ水を気持ち程度追加。あとは朝まで放置。
思いつきの配合の割には、いい感じに出来たんじゃ?グリッツ効果でクラストはバリッバリだけど、中身はふんわり。これはゴルヨ効果なのかベルムーランのせいのか…は、ワカラン。でも確かにトーストするとバリバリ美味い。グリッツの粒々はきっと好き好きだろうけど私は好きかな。家人は何も言わず黙々食ってたからまぁ特に気にならなかったんだろう。(と思っていたら後で硬かったって言われた)

このままでもOKっぽいけど、次回はバターと砂糖を減らしてみよか。あとは牛乳210gにするとか。

←ランキング参加中です。
関連記事



( 2010.03.16 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット その他外麦 雑穀 タイマー
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。