スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
ココアとホワイトチョコのベーグル
091125_1.jpg 091125_2.jpg
ココア生地実は初めて。

*春よ恋 185g Type ER 50g(余り)
*ココアパウダー 15g
*砂糖 10g
*塩 3g
*水 125g
*ホシノ生種 20g
*ホワイトチョコチップ 30g
*ドライクランベリー 50g
HBの天然酵母生地コース。終了後6等分してベンチ15分。チョコチップとクランベリーを巻き込み成形して最終発酵30℃45分。焼成200℃15分。

ココアや抹茶は生地が乾きやすいということだったけど、確かにそうかも。水分量は50%なのに結構硬めの手触りで表面がすべすべする。これは油断すると乾いて継ぎ目や閉じ目が剥がれるパターンに陥るかも…。なので慎重に。
と、わかっていたのにぐだぐだ成形。いつまでたっても上達しないのは仕様です。

もしかしたらココアは発酵も遅いのかな?1次発酵もそれ程膨らんでいないようだったし、最終発酵後もあまり大きさは変わってないように見えた。ホシノさんが弱ってんのかなぁ?まぁ、ベーグルだからいいやーと気にしてなかったケド。
ケトリングでは順調に?2個ほど継ぎ目がパックリした模様。幸い傷は浅かったのでターナーでぐいぐい押して何とか見た目はくっついた感じ。焼成中は一応膨らんでぱつぱつになった。ただホワイトチョコチップが盛大に漏れ出して泡吹いてる。…中身がカラになってる予感。
あーでもすっごいいい匂い。ココアの匂いは幸せだ。こんな時間(PM11:30)にはほんと毒だよ。

というわけで翌日の朝食に。断面はやはり空洞が目立つけど多分チョコのせいだけじゃなかろう…巻き込みちゃんとしようよ焼成前の状態だと硬めかな?と思ったけど、意外とソフトでもっちり。(レンジで10秒ほど温め)ほろ苦い生地と甘いチョコと甘酸っぱいクランベリーの組み合わせは美味い。
んだけど、クランベリー多かったかな、と思い気づいた。クランベリーの味は好きだけど、もしかしたら食感が苦手かもしれない。やばー。なんつーかレーズンとは違うショリっと感というか。コレがたまたまそんな感じだっただけかな?
でも美味いからまぁいいや


バンホーテンココア 100g_

←ランキング参加中です。



091125_3.jpg

関連記事



( 2009.11.26 ) ( 成形パン(スイート) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ベーグル 春よ恋 TypeER ドライフルーツ
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。