スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
プレーン&チョコチップベーグル
091118_01.jpg 091118_02.jpg
色も断面も突っ込み所が…

はるゆたか&ホシノさんでベーグル作成。
配合は、粉300gをベースに「皮はむっちり、中はもっちり和ベーグル」を参考にしてみた。300gだと分量分りやすいな。
いつも通り20分程HBの生地コースで捏ねたら、天然酵母生種おこしコースに切り替え1次発酵。無理矢理温度計つっこんでみたら大体27℃位だったので、1次発酵に丁度よさげ。
…と思ったらいつの間にか29℃に上がってるし。適当?

3時間弱で一回りほど膨らんだので終了、6等分して丸めベンチ30分。4個はチョコチップを5gずつ巻き込み成形。わかってはいたんだけど、ホシノさんの生地はダレてべたつく。レシピ自体も水分50%だから、割と多めなんだけど。打粉は振らず頑張ったんだけど表面が荒れてしまった。素直に粉振れば良かったのかもしれない…。
20分程室温に置いた後、片面40秒くらいずつケトリングして、200℃15分焼成。焼いてる間はこれまでに無い程の膨張具合とツヤツヤっぷりを見せてくれた。なんて素敵な風景。

なんだけどね、焼き上がりはガス抜き甘かったせいでボコボコムラムラ。成形時ボロっちくなったせいもあるかも。1次発酵を長めに取るとガスが抜ききれないなぁ。ツヤも何だか減ってる。発酵時間は割としっかりめにとったからか膨らみは良い。
で、何がスゴイって香り。粉の甘くて香ばしい香りがスゴイ。ベーグルのおしりに顔くっつけていつまでもクンクンしてたよ。(変態)これはまた粉のせいなのかホシノのせいなのか発酵長めだったからなのかしっかりめに焼いたからなのか。粉のせいだと思いたい。 スーハースーハー

091118_03.jpg

クラムはもちっと少々柔らかめだけど、クラストのひきがかなり強かった。バランス悪いかな?ケトリング長かったかも。味は独特だけど、粉の甘さがじんわり美味い。香りを裏切らないなぁ。やはりこの味はホシノさんならではの引出し方なんでしょか。
今はるゆたか100%はなかなか買えないけど、機会があれば買ってみたいな。粉送ってもらった親戚に連絡したら、問屋でも買えなくなったらしい…。ブレンド買ってみるか。


パン用小麦粉 はるゆたかブレンド 2.5Kg

←ランキング参加中です。
メモ
091118_04.jpg
発酵前



091118_05.jpg
発酵後




091118_06.jpg
あまりにベタつくときは、
ベンチタイム後半は布巾取っちゃって
多少表面乾かし気味でもいいかも。
普段は乾燥大敵なんだけどね、
打粉振っても乾いちゃうし。
関連記事



( 2009.11.18 ) ( 成形パン(シンプル) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ベーグル はるゆたか 天然酵母
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。