スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
豆乳チョコバナナベーグル
091109_1.jpg 091109_2.jpg
チョコバナナフレーバーってスイーツの王道だな。

*イーグル 150g
*中力粉(うどん粉) 100g
*ブラウンシュガー 15g
*塩 3g
*金サフ 2g
*調整豆乳 100g
*バナナ 70g
*くるみ 30g
*チョコチップ 24g(断面はたまたま少ないけど実際はそこそこ入ってる)

少々危険なバナナをまる1本使った。金サフなのはただ赤サフが無かったから金サフ消費の為。何故うどん粉なのかは棚の奥から発見して(賞味期限内)うどん作るのも面倒なので何とか消費してみようかと。強力粉は、春よ恋があってちょっと迷ったんだけど、開封済みのイーグルを使い切りたかったのでそっちを使った。半分うどん粉使ってる時点で春よ恋使うのは勿体ない気もしたし。当初牛乳で仕込む予定だったが賞味期限切れの為豆乳にチェンジ。在庫整理のようなベーグル…。
いつものようにめん・もち羽で1次発酵前までHBお任せ、最終発酵は30℃30分+α、焼成220℃15分。

何故か捏ね上がりの生地がすっごく滑らかすべすべもっちりになった。いつもとは違う要素ありまくりで何が原因なのかさっぱりわからないけど。柔らかめなのにべたつかないって素敵。
普通じゃやらないであろう配合(特に粉)でこんな好感触だとなんか複雑。

細かくしたくるみとチョコチップは巻き込んだ。ミックスコール使うとやっぱりあまり混ざらないし、チョコチップは混ざり込んでしまうかマーブルになってしまう。くるみも混ざらない割に粉砕されそうだし。以前みたく水分多めで普通のパン用羽根使ってる時はそれなりに混ざったけど、水分普通&めん・もち羽だと厳しい。
焼き上がりはかなり膨らみ、ふっくらぎみ。キメも粗い。やっぱり発酵30分は長かったかな。それとも、そもそも金サフ使うってのがまずいのか。でも味の方はさすがに間違いの無い組み合わせだから大丈夫。焼きたてはふかふかだったけど冷めた後は意外と締まって、もきゅっとした感じ。うまー。

さて、本日親戚から届いた荷物に、「はるゆたか」とマジックで書かれたジップロックが無造作に入っていた。以前も春よ恋を送ってくれたのだが最近問屋で粉を買っているらしい。わぁぁはるゆたかって何気に初めてだ!味音痴だから、高い割に味がわからない…だったらどうしようかと思って手が出なかった。
今道産小麦も天候不順の影響で高いしね…まぁ、農家応援の意味で少々の高値くらいなら買わせて頂こうとは思ってはおりますが。
うーん、ホシノさんでも起こしてみようかしら…。

←ランキング参加中です。
関連記事



( 2009.11.09 ) ( 成形パン(スイート) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:イーグル ベーグル ナッツ フレッシュフルーツ
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。