スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
半斤で全粒粉パン
090617_1.jpg 090617_2.jpg
失敗じゃないよ…半斤なんだよ。それにしても低いケド。

*TypeER 100g
*全粒粉 25g
*砂糖 5g
*塩 2g
*バター 5g
*水 85g
*イースト 2g弱
食パンコース。焼き色薄め。80分前に羽根を取る。
イースト投下の時パンケースに付着した生地を落としておく。羽根取る時(焼き上がり80分前)今回べたついたので、手にちょっと粉をつけておくと良かったかも。

***

忙しかったりしてちとパン作りから離れていると、何故かHBお任せコースをセットすることさえ億劫になる。作りたいし食べたいとは思うけど時間かかるしなぁとか洗い物がなぁとか頭ん中がグダグダとしてるうちに1日が終わるという。
うーん、まぁこういうテンション低い時もあるよねと思うことにしよう。

で、何故このパンかと言うと、普通のリーンなまるぱんが食べたかったんだけど面倒だったので、半斤ならクラスト多めになるだろうし、多少焼きすぎでも無問題だしということで。適当っすね。
しかし…最初何故かめん・もち羽根も一緒に入れて回してて、なんでカラカラ言うんだろう?と思ってHB覗いたらタマゲタ何で入ってたんだ。

焼き上がり。クラストがフランスパンコースで焼いたような感じ。ゴツゴツした粗めの感触。リーンな配合だとこうなるのかなー。と思ったらクラムも微妙にフランスパンコースっぽく気泡が粗めな感じになっていた。以前同じような配合で1斤焼いた時とは全然違った。
フランスパンコースって普通の食パンコースと何が違うんだろう?と思っていたけど、水分多くてリーンで焼成温度高めであればそれっぽくできるってこと?すげーざっくりな考えだけど…。

ま、美味しく頂きました。

←ランキング参加中です。
関連記事



( 2009.06.17 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:TypeER 全粒粉 半斤
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。