スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
失敗焼きカレードーナツ
090507_1.jpg 090507_2.jpg

キーマカレーの次の日はカレーパン、というのがお約束になりつつあるのか…まぁカレーは旦那作だからイイケドネ。今回は物凄い粗みじん切りのキーマカレーだったけど、何気にそれがジューシーな感じでなかなか美味しかった。

*強力粉→イーグル 200g、薄力粉 50g
*カレー→残りのキーマカレー240g
生地コース。最終発酵30℃35分。焼成190℃15分。

レシピは前回と同じくホームベーカリーbookより。他のレシピなどうかな~とも思ったけど探すのも面倒だったので結局一緒。前回に比べ気温が高くなっているせいか生地がどーにもダレて扱いにくかった。
前回よりも継ぎ目はしっかり留めた。これでもかってくらいぎゅーぎゅーとくっつけたので一つも漏れずに焼き上がった。中に入れたカレーは今回も約30gで。多分これが丁度いいかな。
焼く前にオリーブオイルを多めに塗って、フォークで穴空けて(本の揚げるバージョンは何故かそうしてあったからそこだけ真似)焼成。今回はパン粉があったから振ろうかと思ったんだけど前回のピロシキっぽいのも何となく気に入っていたのでそのままにしておいた。
しかしベンチタイムや成形している間もどんどん発酵する。気温も湿度も高いからな。うーん、夏はどうなるんだろ。

えーと…軽くびっくりするくらいの空洞が出来た。パンパンに膨らんでたから嫌な予感はしたのだが…。
前回もある程度空洞は出来てたけど今回はもっと酷い。パン生地は美味しいんだけど薄くなっちゃってるし。もしこれ売り物だったら余裕でクレーム来るレベルだわ
さて原因をググってみた。まず水分が多い。フィリング入りのパンは「カレー>クリーム>あんこ」の順に難しいっぽい。カレーはもうちょっと火にかけて水分を飛ばすべきだった。キーマだし冷やせばまとまるし、と思って手を抜いたのがまずかったな。
あとはフィリングを室温に戻すとか、硬さをパン生地に近づけるとか、そんな対策があったような気がする。(流し読みしてたからよく覚えてない←せっかく調べてんのに…)
あとは成形時に出来るだけ空気抜くことか…これはやったつもり。穴あけると良いとも書いてあったけど、最終発酵で結局塞がっちゃうし無駄かなぁ。

キーマカレー作成の都合もあるので次はいつになるか全く未定だけど、今度はそこんとこ気をつけて作ってみよう。多少は改善されるかも。

←ランキング参加中です。
関連記事



( 2009.05.07 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:イーグル 食事パン 失敗
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。