スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
マーマレードかも
090423_1.jpg 090423_2.jpg

実家の隣人が知人に頂いたという夏みかんっぽいものをお裾分けしてもらった。多分庭に生えてたからマーマレードに出来るかもよーなんて適当な説明と共に…。出所が遠すぎて真偽は不明
そのまま食べるにはちょっと酸っぱすぎたので、仰るとおりマーマレードに加工してみよう。実はあまり好きじゃなかったりするんだけど、せっかく無農薬(?)頂いたんだしね。

というわけでレシピを物色。一応こちらとそのほか諸々を参考に制作開始。

○夏みかんはたわしでこすって洗い、皮に8等分に切れ目を入れむく。白いわた部分を出来るだけこそげ取る。(微妙に苦みが得意でないので)
○皮を鍋に入れて水を注ぎ、火にかけて3回ほど茹でこぼす。
○実から薄皮をはがして種を取り、軽くほぐす。薄皮と種はお茶パックに詰めておく。
○皮が茹で上がったら水気を拭き取り、細かい千切りにする。
○鍋に実と千切りにした皮を入れ、重量の半分位の砂糖をふり入れて暫く置く。
○水分が出てきたら、お茶パックを入れて中火にかける。
○30分程煮たら、熱いうち瓶に詰める。

ジャム作っていると、いつも砂糖の量におののく。紅玉でジャム作るときは心持ち控えめにするけど、苺で作るときはがっつり入れた方が良い感じ。紅玉ジャムは美味しかったなぁ。時期限定だけど。
マーマレードは今回初めて。でも苦みが心配だったので砂糖はちゃんと入れてみた。しかし皮を刻んでるうちに段々気が遠くなった…。

出来上がりは水分少なめになってしまったけど、何とか大丈夫。しかしかなり苦みが強い。3回茹でたんだけどな。やっぱり水につけて一晩放置とかそういう方法取れば良かったのかも。何か甘いモノとかまろやかなモノとかと組み合わせた方が良いかもしれん。蜂蜜とかヨーグルトとかクリームチーズとか?
でも、後味は甘酸っぱく爽やかで良い感じなので、ちょっとクセになるかも。大人な味ですな。

今回役立ったのは「ムッキーちゃん」。何そのネーミングと思われるかもしれないけど、単純な構造の割になかなか侮れない。表面の皮をむくのはこんなもんか?と思うけど薄皮をむくときに使うと「おぉぉ」って感じでちょっとびっくり。伊予柑の季節にはかなり重宝。ストレス無くむける~♪


-ラクラク便利な皮むき器- 『ムッキーちゃん』

にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ
ランキング参加中です。
関連記事



( 2009.04.23 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りお菓子 ジャンル: グルメ
タグ:ツール・材料 ジャム フレッシュフルーツ
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。