スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
いちごぱん
090410_1.jpg 090410_2.jpg

先日作ったドライいちごの副産物、いちごシロップをダイレクトに練り込んでみようと実験。このシロップにはどのくらいの糖分、水分が含まれているかが見当もつかないので玉砕覚悟でとりあえず適当に混ぜてみた。

*ゴールデンヨット 100g、クオリテ 100g
*塩 3g
*バター 20g
*イースト(金サフ) 3g
*牛乳(低脂肪) 85g
*いちごシロップ 70g

最初はいちごシロップと牛乳を半々にして練りスタート。硬いようだったので牛乳を15g追加。それでもちょっと硬めだったかも。迷ったあげく控えめにしてしまった。
糖分は多分かなり多いと思ったので金サフ。以前何となく買ってしまったものだけど初めて使った。あんまり使い道無いんだな。まぁ赤サフと同じように使っても大差無いとの話も聞くので適当に使い分けよう。

で、生地コース終了後取り出し、6等分して丸める。あぁぁイーストがぶつぶつ残ってる。久々に残ってるの見た。水分不足なのか、金だからなのか。冷えてたからなのか。でもしょうがないので続行。
色はちょっとくすんでブルーベリーっぽい色に。香りも結構甘い。実験的なものなので大したひねりもせずそのまま最終発酵へ。(30℃30分)
丸パンの成形って何て楽なのだ。

なんて思いながら作業してたら最終発酵の写真忘れた仕事しながらだったし。(真面目にやろう)まぁ別に普通の丸だからいいか…。というわけで、うっすら茶色くなる程度まで180℃15分程焼成。でも思ったより焼き色つきすぎた。
結構ずっしりな感じでもちもち。膨らみ控えめかなぁ?甘みは思ったより少なかったけど、後味がちょっと甘酸っぱい。うっすらピンクのクラムは結構可愛い感じ。
ということで結果。もっちりすぎた感じもするので薄力粉混ぜた方がいい。甘さ的にはもうちょっとシロップ増やしても大丈夫。水分が少なめだったからもう少し増やす。イーストは最初から入れてみる。
でもねぇ…今あるシロップが終了したらこの実験の意味はどうなるんだ。

今回、みかさんのリッチ生地を参考にした。みかさんの本は初めて見たけど、わかりやすく丁寧に説明されてるので、あまり気負いせず手ごねパンに取りかかれる感じがした。アレンジも、全部基本的な手順が生かされている状態で書かれているので、とてもわかりやすい。
簡単そう、というわけではないけれど、作ってみたいなぁと思わせるレシピが多いように感じた。ファンが多いのも頷ける。今度は違う本も見てみよう。


ほんのりしあわせ。おうちパン
関連記事



( 2009.04.10 ) ( 成形パン(スイート) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット その他外麦 お試し
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。