スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
ごまぱん
090408_3.jpg 090408_4.jpg
今日のカエルは目が丸い。

何となく消費が鈍い黒ごま。白ごまは結構使うんだけどな。
というわけでパン生地にぶっこんでみる。

*小麦粉(色々) 250g
*塩 4g
*砂糖・トレハ 5g・10g
*ショートニング 5g
*水 160g
*イースト 3g
*黒ごま 10g
生地コース。ミックスコールでごま投入。

基本的にはいつものソフトフランスっぽい配合だけど。中途半端に余っている強力粉・薄力粉を全部混ぜちゃった。こんな無茶苦茶でほんと申し訳ないんだけどいいの。在庫整理在庫整理。(メモ:TypeER139g香麦22g薄力粉19g生協外麦28gゴルヨ42g)おかげでぐちゃぐちゃの棚がすっきりしたー。これで新しい粉開けられる。(新たな香麦と春よ恋と何故かクオリテ待機中)

何だかわからんけど生地が扱いやすい。ごまが水分吸ってるから?成形は麺棒で伸ばしてからミニバゲット風とクッペ風2種類。きゅっと丸めるとやっぱ可愛い感じだなぁ。
最終発酵は35℃30分。焼成は210℃15分。(予熱250℃)霧吹き忘れて、オーブン入れた直後に中に向かって吹いた…。最近たまにこんなことがあったり。
焼き上がりは結構色薄め。もうちょっと温度上げても良かったかも。でもごまのてんてんが可愛いから色白でもいっか。でもクッペの成形したやつはいい感じにぱっくり。粉がいつもと違うからか結構ふんわりとした感じになった。これもまた美味しい。黒ごまの香りがいいなーと思ったのに、「ごまいらない」とか言われ微妙に凹む。でもめげずにまた作ってやるっ。

やっぱハード粉オンリーよりも膨らみ良いし時間経っても結構ふわふわ感が持続する気がする。でもこの配合は二度と無理!まぁたまにはTypeERとゴルヨ混ぜて作ってみてもいいかな。
090408_1.jpg 090408_2.jpg
最終発酵前。最終発酵後。
関連記事



( 2009.04.08 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット TypeER 雑穀
Top|編集
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。