スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
記録用・生種おこし機能でヨーグルト
ヨーグルトを作りその都度新しく書くのもどうかと思い、ひとつのエントリーに追記しておこうとそれ専用のエントリーを用意。何か変わったもので醸したとか、謎の状況になったとか、違う方法試してみたとかいう時に記入。

生種おこし機能でヨーグルト
続・生種おこし機能でヨーグルト

***

基本

*牛乳 500cc (成分無調整、低脂肪、等)
*種となるヨーグルト 大さじ2強 (元、2代目、冷凍、等)

1.ジップロックコンテナー大、蓋、計量スプーンをパストリーゼか熱湯かレンジで消毒。(種継ぎはあまり進めない予定なのでそれ程神経質にはやってない。)
2.ジップロックコンテナーの500ccラインまで牛乳を入れ、レンジで40℃設定で加熱。
3.種となるヨーグルトを入れ、混ぜる。(冷凍の場合容器から離れるくらい半解凍したものをそのまま投入)
4.ホームベーカリーに入れ、(室温が低い場合)生種コースにセット。
5.10時間(ホームベーカリーの温度が低めな為。高めの室温の場合は適宜調整。)後、様子を見て固まっているようだったら冷蔵庫へ。ゆるいようだったら再びHBに戻し更に2時間。同じくその後は冷蔵庫で保管。
6.冷蔵庫に入れてから大体1日置くとしっかりするので、それまでは強く揺らしたり開けて中身を触ったりはしない。
7.基本的には3日くらいで消費。

牛乳1パックでドーンとやってみたいような気もするけど、小家族の為消費が鈍いので大体500ccで。

スポンサーサイト

▼READ MORE?

( 2011.04.22 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:料理 ジャンル: 趣味・実用

Top|編集
続・生種おこし機能でヨーグルト
110421_1.jpg 110421_2.jpg

先日初めて醸してみたヨーグルトですが、容器に関して不都合だなと思う所数点。
コーヒーの瓶は見た目良いけどヨーグルトがすくいにくい。洗いにくい。冷蔵庫の棚に収まらない。というわけでどうも使いにくいので却下。丁度良い容器を求めて某100円ショップをうろつくも、これだと思うものに出会えず帰宅。ホームベーカリーに入れるので、片手で上から持ち上げられて、高さほどほどで、蓋ができて、熱湯消毒するかもしれないから、ガラスではないけど最低耐熱100℃で…と色々考えるとどれもいまいちかなぁなんて。ヨーグルト専用容器もあるけど、それも何だかピンとこなくて。
で、帰宅後キッチンでジップロックコンテナが目に入り、何だこれでいいじゃんというわけで早速2回目の仕込みに。やはりスタック出来る容器の方が邪魔にならないし良いかもね。ホームベーカリーにもギリ入るしOKってことで。

今回の配合。
*ヨーグルト(今回はブルガリア) 大さじ2
*森永のおいしい低脂肪牛乳 500cc

低脂肪乳にチャレンジ。一応分類上低脂肪乳となっているものを選んだ。加工乳や乳飲料だと上手く固まらないらしいという噂?も見たので。
ジップロックコンテナーにヨーグルトを入れ、冷たい牛乳を200cc入れて混ぜる。残りの牛乳300ccを40℃に温めて混ぜる。何だか温度低い気がしたのでやっぱり200wで1分程追加で温める。こんな感じで混ぜる時はもうちょっと温度高くてもいいかな。(うちにはMAX500ccの計量カップしかナイ)けど計量カップを消毒するのも洗うのも面倒だからジップロックコンテナーの目盛りに頼ろうかなとも思う。
で、生種おこしモードのホームベーカリーにセット。

10時間後。多少ぷるぷるしているものの概ね固まっているので冷蔵庫へ。冷やしたら多少締まった。ちょっと酸味強めだったのでもしかしたら発酵時間長い?でも市販の低脂肪ヨーグルトよりも滑らかで良い感じかも。でもホエー出やすいかな。このヨーグルトで更に増殖を試みる。(牛乳は無調整)結果は次回。
んで取り敢えず、この一回醸した種とブルガリアの元種を冷凍してみた。そのうち解凍して増やしてみようかと。


110421_3.jpg
すっぽり




( 2011.04.21 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:料理 ジャンル: 趣味・実用
タグ:お試し 天然酵母コース
Top|編集
生種おこし機能でヨーグルト
110418_1.jpg  110418_2.jpg
出来たなぁ…

震災以来、色々な食品が品薄になっている。時間と共に在庫が安定する物もあるけど、まだそうもいかない物も多い。
ヨーグルトもその一つで、温度管理が一つのネックになっているそうな。開店~昼くらいのスーパーにはあるようだけど、夕方には綺麗に売り切れている。まぁ朝いちで行けばいいんだけど、夕方買い物に出る習慣がついた身としてはね…。

というわけで、牛乳が安定供給されるようになった今、自家製ヨーグルトにチャレンジ。とりあえず種用のヨーグルトを買ってきて、増殖を試みる。
牛乳をレンジで約40度に温めてヨーグルトを混ぜ、さて温度管理しなきゃいけないけど面倒だなと思っていた所、温度管理?そういや生種おこし機能で普通にパンの一次発酵とかしてたじゃん?と思い出す。

軽くグーグル先生に巡回してもらった所、やっぱりそれでもOKらしい。
暖かい季節ならそのままで大丈夫だけど、今はまだ肌寒い日も多く一日通して気温の差もあるので、牛乳とヨーグルトを入れた瓶をホームベーカリーに入れ、生種おこしコースセット。しばし放置。
1時間経過。まだ完全に液状。当たり前。5時間経過。固まってはきたものの、まだゆるゆる。8時間経過。かなり固まる。うっすらと透明な水分が上部に張る。もう良いのかなこれ…とよくわからないけど一応終了として冷蔵庫へ。

冷やしたものを食器に移すと、市販のものよりも少々ゆるめ。味は酸味が強いかな。はちみつ少し入れれば大丈夫な程度。本当に出来たわーとしみじみ感心した。良い牛乳を使ったり、オリゴ糖やスキムミルク足してみたらもっと美味しく育ちそう。

←ランキング参加中です。

▼READ MORE?

( 2011.04.18 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:料理 ジャンル: 趣味・実用
タグ:お試し 天然酵母コース
Top|編集
プレーンベーグル
110417_2.jpg 110417_1.jpg
何だかもう色々とダサい感じが。

*TypeER 250g
*水 145g
*コーヒー用の固形グラニュー糖 10g
*水飴 5g
*塩 3g
*ショートニング 5g
*赤サフ 2g
生地コースで20分。六分割してベンチ約20分。成形後最終発酵35分。片面約20秒ずつケトリング後200度で15分焼成。

***

家捜ししてたら、小さい星形のカラフルなグラニュー糖が出てきた。どこからかの貰い物のようだけどうちでは使わないなぁという訳で、何となく水に溶かして混ぜてみた。うっすらと黄緑色な気がするのは気にしない…。あとはまだ水飴が残ってるので適当に混入。あぁぁ賞味期限…。

水分のせいか、水飴のせいか、怪しいグラニュー糖のせいか、生地がだいぶ柔らかくペトっとした感じ。まぁ成形は問題無かったけどケトリングで少々溶けた。(汗)持ち上げる時どろーんとなったから嫌な予感したんだけどねぇ。なもんで焼き上がりは色白ソフトでシワっとした「ベーグルかよ!」と言いたくなるようなお品。でもこういうの嫌いじゃないのねー。
ハムタマゴサンドとピーナッツバターサンドで頂きました。うま。

最近ベーグルたまにしか焼いてないから、アレンジものさっぱり作ってないわ。

←ランキング参加中です。



( 2011.04.17 ) ( 成形パン(シンプル) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:TypeER ベーグル
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。