スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
ヨーグルト発酵パン
100128_1.jpg 100128_2.jpg

ホームベーカリーrecipeより、ヨーグルト発酵パン。
タイトルに発酵ってついてるけど、要するに少量のイーストを使って天然酵母コースで焼いたもの。

*強力粉→春よ恋200g、ゴールデンヨット50g
*バター→無塩27g

久々にタイマー使って焼きたてパンを朝食に。膨らみはなかなか良かったけど、かりっかりのふわっふわでカットしにくいな。でもやっぱ焼きたて美味しい。牛乳使って早焼きして一晩置いたものも好きだけど(むしろこっちの方が好きだったりして)たまにはこんな感じもいいなー。
バターも久々にいっぱい使って、あっさり食感だけどしっとりもっちりな感じ。

最近あんまりパン食べないから、ジャムがまだまだ残ってる。でも賞味期限近いものはあらかた消費したので一段落。


ホームベーカリーrecipe

←ランキング参加中です。
スポンサーサイト



( 2010.01.28 ) ( 食パン(シンプル) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:春よ恋 ゴールデンヨット 天然酵母コース タイマー
Top|編集
パイシート混ぜたパン
100119_1.jpg 100119_2.jpg
相変わらずヅラっぽい。

●ヶ月前に賞味期限が切れた冷凍パイシートを発見。まだいけるっしょ?と思って試しにミートパイにしてみたら、別に食べられないことは無いんだけどさすがに端が乾燥してパッキパキになっていた。なのでそのままはどうもなぁ?と思ってた所、MartホームベーカリーBOOK(2)にパイシートを混ぜ込むHBパンレシピがあったことを思い出し、実行してみた。(パン生地自体のレシピは違うんだけど)

*春よ恋 150g ゴールデンヨット 50g 薄力粉 50g
*砂糖、トレハ 各10g
*塩 3g
*ショートニング 10g
*低脂肪乳 190g
*金サフ(未だに赤サフ買ってない) 3g
*冷凍パイシート 1枚(100g)
早焼き、ミックスコール有り、焼き色普通。

どこかで「混ざりすぎちゃって単なるバターっぽい食パン」という書き込みを見た気がした。確かにチョコチップなんかも普通にミックスコールで入れるとただのココアパンみたいになってしまうので、そりゃそうだよなぁと予想はついたものの、ものは試し。ちょっと調べると結構成功してる人もいるっぽいしなー。
ミックスコールの後再度羽根が動き出したらバキバキに割ったパイシートを少しずつ投入。回転全開になった頃入れ終るっていう感じで。でもぐるぐる回ってる生地見てたらもう既に完全に練り込まれているような気がするんだけど…(汗)

ってことで、予想通り「単なるバターっぽい食パン」というか「普通の食パン」が完成。カットすると普通に美味そうなんだけど、よーく見ると所々に塊っぽい粒状?の物体が。パイシートそのものが粉とバターの塊みたいなものだからこんな感じになっても不思議は無いか…。食感には特に影響は無く、トーストすると普通に美味しい食パンなので可もなく不可もなくっていう感じだったけど、パイシート無駄にしたような微妙な気持ちw

やはり、取り出して折り込むという作業をしなければ駄目かね。
っていうか折り込みやったことないし。


MartホームベーカリーBOOK(2)

←ランキング参加中です。


( 2010.01.19 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:春よ恋 ゴールデンヨット 早焼き お試し
Top|編集
シュトーレン再び
100104_1.jpg 100104_2.jpg

今更ですがあけましておめでとうございます。
今年の1発目記事は去年最後に焼いたシュトーレンのリベンジ。

前回のシュトーレン、ちびちび食べているせいでまだ残っていたんだけど、また焼いてみることにした。今回はちゃんと中種法で。…と言ってもレシピはまたあれこれ見ながら組み合わせた適当なモンなんだけど。それが駄目なんだとは思いつつ作りやすいほうがいいんだもん。と言い訳。

■中種
強力粉とイーストと牛乳をHBにセットし、生地コースで様子を見ながら回す。適度に粉落としをしながらひとまとまりになったら止め、生種コースに切り替え40分~50分程発酵。(実際は他の材料を用意するのに手間取ったので1時間以上やってた気もする…)
■生地
中種に強力粉、薄力粉、ブラウンシュガー、アーモンドプードル、バター、卵黄、塩、シナモンを加え生地コースで回し、まとまったら台に取り出して(HBに入れたまま混ぜられるか?と思ったけど無理そうだったので)ドライフルーツとくるみを加えて混ぜる。馴染んだら(なかなか馴染まねぇ…けど前回よりは何とか混ざる)ケースに戻し生種コースで40分~50分発酵。
■焼成
台に出して2分割、成形。なかなか伸びず思うようにならなくて、ずんぐりむっくりな形になる。もうちょっとこう、細長い感じにしたかったのに…。
オーブンで最終発酵30℃20分。180℃に予熱して35分焼成。ラム、バター、グラニュー糖、粉砂糖をまぶす。バターが物凄い量どっぷりでビビったけどめげずグラニュー糖をまぶしたらちゃんと馴染んだ。やっぱりこのくらいの方がよかったのか。粉砂糖も泣かないタイプだけど、前よりは馴染みが良かった。

しかしなー、どう見てもずんぐりした枕のようになったよ。巨大だ。せめて3分割すれば良かったわ。でも前回よりはちょっとソフトめで見た目は良い。前回ごつごつすぎたから。
で、3日経過し入刀。ざっくりと真ん中を割るとドライフルーツが適度に散らばっててなかなか綺麗。前回のクラスト部分が結構硬めでざくざくしてたんだけど、今回それよりも柔らかめ。どっちかと言うと硬めの方が好きな感じかなと思ったりして。もうちょっと焼き時間長めにするか最後温度上げてみてもいいかも?
あと今回のドライフルーツは2日くらいラム酒に漬けただけだったんだけど、やっぱり1~2年モノには勝てないな…。改めて違いを感じましてね。うん。やはり次回の為にレーズンくらいは今から漬けとくべきだろーかね?クランベリーは色と酸味が抜ける気がするので漬けない方向で。そしてスパイスはシナモンだけじゃなくやっぱりオールスパイスも加えたい。

←ランキング参加中です。



▼READ MORE?

( 2010.01.04 ) ( 成形パン(スイート) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:春よ恋 ドライフルーツ お菓子
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。