スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
オートミール食パン
081027_1.jpg 081027_2.jpg

まりの部屋よりオートミール食パンを少々アレンジ。

*小麦粉 230g(春よ恋98g、ゴールデンヨット102g、フラワー30g)
オートミール 50g
*塩 4g
*砂糖(きび砂糖) 25g
*牛乳 210g
*バター 35g
*イースト 3g
通常の食パンコース。焼き色多分淡だったと思う。

ちょっとリッチめな生地。オートミールの匂いも合わさり良い感じ。
捏ね中はちょっと柔らかめだったけど(ケースの上の方にやたら生地がくっついて残り、違う意味でろくろ状態)そのうちまとまった。焼き上がりの膨らみは良かったけど、ちょっと側面が凹んだ。水分はレシピ通りだけど多いのかな。うむ、いい匂いだ。

カットは横にしてみた。トーストしたら、バターがかなり多かったのでサクサクとしてリッチな感じ。特にモサモサ感は無く食感は普通。ゴルヨ半分近く入ってるからフワフワになったけど、もうちょっと少なくても大丈夫かも。(ただ春よ恋がこれしか無かったというだけなので)
砂糖・バターはもう少し少なめでもいいな。
スポンサーサイト



( 2008.10.27 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:ゴールデンヨット 春よ恋 雑穀
Top|編集
フレンチブレッド
081022_1.jpg 081022_2.jpg

ホームベーカリーbookより、フレンチブレッド。

*強力粉 200g(TypeER
*薄力粉 50g
*イースト 3g
*水 175g
*レモン汁 3g
*砂糖 8g
*塩 5g
フランスパンモード。焼き色普通。

初めてフランスパンモード使用。しかし6時間以上って時間かかりすぎだろうと…。
強力粉はTypeERデビュー。けど、もともとハード用だったから薄力粉とかレモンとか要らなかったかも。と、HBにセットした後気づくという。
焼き上がり、いつものように逆さにして出そうとしたら全然出ない。冷めてから出せとの指示だったのに冷めてからも抜けない。隙間に手突っ込んでやっと抜けた。硬い…。
冷めるまでケースだったから少しふにゃってたけど、そのままおいといたらパリッパリのガッチガチ。うわぁ本当にフランスパンのクラストだ。(見た目ちょっとアレだけど)しかし背が小さい。これでいいのか?やっぱ薄力粉入れない方が良かったのか?なんかすげー不安。
モコっと不自然に膨らんだところをパリパリと剥がして食ってみた。うん、リーンでしょっぱめ。そしてまだ不安。とりあえず夜焼きあがったので、袋入れてそのまま朝まで放置。

クラムも、なるほどもっちりフランスパンだ~って感じ。けど普通とは違うからちょっと違和感あるような。うーん…?と思いつつも食べてるとそれなりに良い感じ。やっぱりリーンな生地は粉の味がダイレクトだな。歯応えがあってみっしり噛みしめると美味い。端の方は硬いので、細く切って軽くトーストしたら何となく食べられた。
焼きモードが違うだけでこんなに違った焼き上がりになるんだとちょっと感心。純粋にハード粉のみでやってみたい気もする。


( 2008.10.23 ) ( 食パン(シンプル) )

タグ:TypeER フランスパンコース ツール・材料 お試し
Top|編集
いつものぱん
081020_1.jpg 081020_2.jpg

春よ恋で、いつものこれ

強力粉は春よ恋が250g、薄力粉30gで。砂糖は半量をトレハに。

ずっしりみっしりもっちり、背が小さめになった。やっぱり最強力粉を混ぜた方が良い感じ。入れようかなと思ったけど、何となく横着して入れてなかった。それか、もしかしたらイーストが少なめだったのかもと思ったり。でも一応味は悪くない。
国産小麦のようにグルテン少な目の粉だと、もしかしたら早焼きって向かないのかなぁ…?と思ってみた。でもこれも元レシピは国産だし、うーんどうなんだろう…。
甘さは、半分トレハを入れたせいかいつもよりも控えめになった。

100円で買ったピンクグレープフルーツのジャムが意外と美味い。

たまに画像データをこちらで変換してみる。便利だけど、ちょっと赤っぽすぎるかなぁ?


( 2008.10.20 ) ( 食パン(シンプル) )

タグ:春よ恋 早焼き 定番
Top|編集
オニオンガーリックブレッド
081015_1.jpg 081015_2.jpg

ホームベーカリーbookより、オニオンガーリックブレッド。匂いがすげー。

*強力粉 250g(イーグルゴールデンヨット半々)
*砂糖 25g
*塩 3g
*バター 25g
*卵 25g
*水 140g
*粗挽きガーリックパウダー 2g
フライドオニオン 25g
普通コース。焼き色普通。ミックスコールでオニオン投入。

本にはガーリックパウダーって書いてあったけど、粗挽きしか無かったので勝手にに変更。あとオニオンチップって書いてあったけど、思い込みで何も考えずフライドオニオンにしてしまった。オニオンチップっていうのがあったのかな…。
あと、ちょっとぐぐったら膨らみが小さいとのことだったので、ゴルヨ半分混ぜてみた。
結構柔らかめな生地で、つるんとした感じだけど相変わらずガコガコする。でもちょっと止まるとべろーんとする。この妙なぺとぺと具合は油分多いせいなのか?ていうか、捏ね中も焼き中もガーリックの匂いがすごすぎる orz

でも焼き上がりは割と上々。ゴルヨ効果なのか卵効果なのか、微妙な具なのにふんわり釜伸びヨシ。ガーリックとオニオンが香ばしくて、スープつければ立派な食事ですな。ベーコンとかハム混ぜても美味しいかも。その場合かなり油脂減らした方がいいな。今のままでも焼き立てはクラストにちょっと油が染みてた。あ、断面は焼き立てだったので上手く切れず半分ぐしゃっとなってしまった。

夜中なのに、焼き立てを1/4斤二人でむさぼった…。(ビール出す相方)


( 2008.10.15 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル ゴールデンヨット 食事パン ツール・材料
Top|編集
全粒粉入り丸パン(ミニソフトフランス)
081014_1.jpg 081014_2.jpg

ミニフランスのアレンジ。アレンジっつぅかもう既に別物だけど。左上に見える赤いのはジャムに見えるけどただのトマト。ジャムだったら良いのに…紅玉ジャム作りたい。

*粉 250g(春よ恋170g薄力粉30g全粒粉50g)
*砂糖 6g
*塩 3g
*イースト 3g
*バター(マーガリン) 4g
*水 160g

ホワイトシチューとパンが食べたくなったので夕方4時半くらいから生地作りコース開始。7時ごろには出来上がった。成形パンは平日は気合が無いと出来ないな。
今回も生地硬そうにガコガコしてた。最近コキ使いすぎてるかも…壊れないかな。

いつものように8等分したら軽く丸めて15分ベンチタイム。その後丸めなおして35分発酵。色々切れ目を入れて遊んで霧を吹き、220℃のオーブンで14分。本当は200℃で焼く予定だったのに、温度下げるのを忘れてしまった。妙に色の濃いぱりぱりパンになってしまった。でもこれもアリ。
焼き立てはもちもちほわほわで美味しかった。全粒粉入りだとシチューに合うかも。あ、でも焼き立ては妙にイーストの匂いが強く感じた。いつもはあまり焼き立てあつあつは食べないからわからなかったけど。ちょっと気になる。
一晩置いたくらいだとそんなに気になってなかったけど、焼き立てメインになるようだったらフェルミパン使ってみても良いかな。それとも長時間発酵のパンレシピを試してみるとか…。(少しのイーストでゆっくり発酵パンせっかく買ったのに、まだ眺めてるだけ・・・)

成形変わるところんとして可愛い。ミニフランスの成形と違うものにすると食感まで変わるんだなと思った。あ、でもそれは粉違うからかも。今度TypeER使ってみよ。
▼READ MORE?

( 2008.10.15 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:春よ恋 ツール・材料 全粒粉
Top|編集
ベーグル
081011_2.jpg 081011_4.jpg

昨日のソフトフランスはさくっと食ってしまったので今日はベーグル。
相変わらずBAGEL & BAGELに似たレシピ。(と言ってる割には全然違う)

*強力粉 250g(リスドォル130gゴールデンヨット120g)
*きび砂糖 5g
*塩 3g
*水 150g
*イースト 3g

イースト後入れの設定だと、水分少ない生地の場合イーストの粒々が残ってしまう時がある。残る時と残らない時の違いはよくわからん。微妙な水の量なのか、温度なのか。でもやっぱり最初から入れておいた方がいいのか。焼きあがった時も粒々部分がブツブツに焦げてたよ…。
あと粉は全粒粉混ぜたかったんだけど、ゴルヨの賞味期限の関係でこんなんなった。でもやっぱゴルヨ多いと変にふっくらしてしまうな…。最強力粉で水分少なめな生地より、普通の強力粉(または準強力粉)で水分多目生地の方が扱いやすいだろうか。一応レシピは最強力粉なんだけどね。

前回と同じく生地コースで20分(相変わらずガコガコ)、取り出して4分割し15分のベンチタイム。あとは楕円形に伸ばして巻き、成形。今回は水分10g増やしたから?全く粉振らない状態だとちょっとべたついた。
成形は、前回よりも上手くいったような気がするけど(1個ダケ)まだまだブサイク。なかなか細長く伸びないんだわ。手早くと考えずに、丁寧にゆっくり伸ばした方が上手くいくような。焦って力込めて伸ばしたりするとかえって伸びない。気がする。まぁ適度にだけど。

2次発酵20分、取り出してすぐ予熱開始。同時にケトリング用のお湯点火。お湯はフライパン半分くらいで砂糖を大さじ2弱。予熱完了のブザーが鳴ったら(或いは10~20℃前)ケトリング開始。裏表30秒ずつ。
焼きムラ酷い。そしてキメが荒すぎ。
▼READ MORE?

( 2008.10.11 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:ゴールデンヨット リスドォル 失敗 ベーグル
Top|編集
ミニソフトフランス
081010_2.jpg 081010_1.jpg

リクエストによりミニソフトフランス
温度も時間も大丈夫だったのだけど…何かぼんやりしてて霧吹きすっかり忘れたよ…orz

なんかやわやわとして粉っぽいし、形がいびつだし。
っていうか、全体的に何だか形も色もヘン。でも味は普通。

何だかなぁ…結局一番最初に作ったやつは越えられないのか。っていうか一番最初っていうのは必要以上感動してしまうものだからなー。しかもお疲れの時にやるとやっぱりどっかミスるんだなー。

ベーキングシート買ってみた。天板の大きさにカットしたら2枚とちょっと出来た。洗って何度も使えるし、くるくる丸めて収納できるし、いいもの買ったわ。お勧めです。


( 2008.10.10 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:リスドォル 定番 失敗 ツール・材料
Top|編集
ベーコンサルサブレッド
文字色
081008_1.jpg 081008_2.jpg

まりの部屋よりベーコンサルサブレッドをアレンジ。
タコライス作った時のサルサソース(エルパソの一番辛いやつ?)を使ってみた。

*強力粉 200g(イーグル150gゴールデンヨット50g)
*薄力粉 50g
*オリーブオイル 15g
トレハロース 20g
*塩 2g
*水 105g
*サルサソース(オールド・エルパソ タコ・ソース ホット) 60g
*イースト 3g
*ベーコン 80g
*粗引き胡椒・ドライバジル 少々
通常コース・焼き色普通・ベーコンはカリカリに炒めてミックスコールで投入。

かーなり冒険。チーズトーストにしたら美味しいかなぁ…?と思ってみたり。
胡椒はガリガリと15挽き(?)くらい、バジルは大体小さじ1くらいかな。一応これもベーコンと一緒にミックスコールで入れた。
しかし捏ね中の匂いがスゴイ。酸っぱいやら辛いやら何という刺激臭w
でも焼き上がりの匂いはなかなか良い。膨らみもそこそこだったし。ゴルヨ入れなかったら膨らみ控えめだったのかな。

ピザっぽかったので予告通りチーズトーストにして頂きました。チーズたっぷりがよかったかも。でも思ったより美味しいのでサルサ余ったらまた作ってもいい。たまにはこういう超お惣菜的なパンも良い。
▼READ MORE?

( 2008.10.08 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル ゴールデンヨット 食事パン ツール・材料
Top|編集
ダブルミルクパン
081003_1.jpg 081003_2.jpg

ホームベーカリーのパンとお菓子よりトリプルミルクパン。(の牛乳抜き)

*強力粉 250g(春よ恋220gゴールデンヨット30g)
*バター 23g
*砂糖 25g(上白糖15gトレハロース10g)
*塩 3g
*スキムミルク 15g
*コンデンスミルク 大さじ3
*水 165g
*ドライイースト 3g
通常コース。(タイマー使用)焼き色淡。

というわけで、前回そのままではとても食べられないものが出来てしまったのでタイマー使って再度作成。タイマー使うのも初めて。何故か設定に少々手間取った。
牛乳使い切ってしまったので、この間半斤で焼いたトリプルミルクパンの牛乳抜きで。(凹んだ後のチャレンジャーは危険すぎ。)

タイマーでも寝かせまではまずやってしまうのだけど、何だか生地が柔らかい。固いのと逆の意味でろくろっぽくなってるけど大丈夫なんだろうか…。一応水は10g程減らしたけど。
ということで翌朝無事焼きあがったけど特に問題無し。ちょっと形がいびつかなと思うのと、焼きたて切ったからかへろへろ。ちょっと水分多いのも関係あるか?味も普通にフカフカ甘めなパンでした。

凹み続行中だったので何も考えたくないー。


( 2008.10.03 ) ( 食パン(シンプル) )

タグ:ゴールデンヨット 春よ恋 タイマー
Top|編集
塩入れ過ぎパン
081002_1.jpg 081002_2.jpg

春よ恋で、いつものこれ
っていうか全然ふわふわでも何でもねぇッ。激しく惨敗大失敗。

↓経緯

春よ恋デビュー。あと、トレハロース買っておいたのを思い出して使ってみた。トレハと砂糖はとりあえず半々で。あとは普段と同じ配合。
なのに…捏ね中不穏な音がするので(ガタガタいう)覗いてみたら生地固めで時々ろくろ状態になっている。前回もそうだったけど、結構柔らかめなはずなのに何でだ?計量間違えた?(ってことは無いけど量りを新しいものに変えた)と思いながら水を大さじ半分くらい追加。でもあまり変わらなかったかも…。相変わらずガタガタゴトゴト言いつつ続行。粉と砂糖変えたことしか思い当たることが無いよ。しかも国産粉だから水が少なかったってことは無いと思うのに…。コワイ。

ぐぐったら春よ恋は他の国産粉に比べて吸水高いらしい。でもイーグルでも大丈夫だったんだけどな。ということは粉の問題ではないか。よくわからない。
頭抱えながら焼き上がりのブザーを聞きフタ開けてみたら↑の写真ですよ。トレハ配合だから多少焼き色は薄くなるかもとは思ってたけどここまで真っ白とは…普通の砂糖も15gは入ってんだし。
しかし試食してみて原因ほぼ判明。しょっぱすぎる。塩が多すぎ。ちゃんと普段どおり入れたはずだったのに、フリフリ容器の岩塩を最初フリフリしてたからちゃんと量れてなくて入れすぎてたのかも。こんな入れ方じゃどれだけ入ったのかわからなかったし。塩入れ忘れのパンは不味いらしいけど、入れすぎ(?)パンも死ぬほど不味いです。基本的に不味いと途方に暮れる。

横着してはいけません…春よ恋が勿体無かった~あぁ凹んだ。
▼READ MORE?

( 2008.10.02 ) ( 食パン(シンプル) )

タグ:失敗 春よ恋 早焼き ツール・材料
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。