スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
おから豆乳パン
080728_2.jpg 080728_1.jpg

ホームベーカリーbookより、豆乳おからひじきパンのアレンジ。(ひきじ無いので抜き)

*強力粉→イーグル)250g
通常コース。ミックスコールで具材手動投入。焼き色淡。エアコン有り。

開けた豆乳が1週間以上たってたのでそのまま飲むのは微妙に抵抗があり、ならば焼いちゃいましょうってことで。そしてどうせ焼くならイソフラボンまみれに。

最初の捏ね、寝かしは特に問題無かったけど何となく固め。
今回はキュルキュル音もせず静かだったけど、ガタガタゴトゴトの音がちょっと気になった。(多分生地固めだったんだろうなぁ)
焼き上がりはだいぶゴロっとしたサイコロ状態。あんまり膨らまなかった…。前回あんなんだったから気分的にチキンになっておった。ゴールデンヨット半々にすりゃ良かったかしら。でも本の写真も膨らみはそんなに良い方ではないっぽいので(写真ちっちゃいけど)とりあえずはキニシナイことに。
カット面はキメ粗め。微妙にぱさっとどっしりぎっしり。前回もそうだったけど、豆乳とおからは何故か固いな…。これはやっぱ水や牛乳とブレンドしたり、粉や糖分で柔らかさや膨らみやもっちりさを持たせた方がいいのかね?うーん、おからか豆乳か、どちらが原因なのか究明した方が良いだろか?
そのままだと、噛んでいると大豆の甘さを感じる。でもトーストした方がさっくりして美味しい。(味は悪くないがやっぱ何か乗っけて焼きたい)

膨らまなかったけどこの形いいな。意味不明に角食ぽい。(カット面写真あまりにも暗かったから補正しすぎた)ってことで次回は(いつだろう)これやってみるか。ついでにおからも違う店でたまには買ってみるか。(そっちのほうがおからのキメが細かいので何か違うかなと)
スポンサーサイト



( 2008.07.28 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル 雑穀 ツール・材料 失敗 お試し
Top|編集
じゃがばたブレッド
080725_1.jpg 080725_2.jpg

手作りのパン(竹野豊子著)より、ハワイアンブレッドを参考にHBで焼けるよう調整。
ご覧の通り壮大なキノコ。酷スギル。

*強力粉 250g(イーグル
*砂糖 30g
*塩 3g
*イースト 3g
*バター 30g(よつ葉発酵バター
*卵 1個(約50g) + 水 =150g
*じゃがいも 50g(レンジでチンしてマッシュ)
通常コース。焼き色淡。エアコン有り。

砂糖、イーストを減らし、水分を増やした。水分はよくわからなかったのでとりあえず卵と合せて150gということで。(ちなみに卵は溶いて冷凍しておいたもの。ヒビ入って使い切れなかったので)
バター入れようとしたら、切り分けておいた分使い切ってたのに気づいた…。しょうがないので、発酵バターを掘り出して入れてしまった。贅沢すぎる。そのせいか?捏ね中開けるとバターのいい香りがしてた。

捏ねてる時は結構柔らかめな感じ。表面が滑らか。
今日は捏ねる時のキュルキュル音が酷かった。何の違いか未だにわからない。最初の捏ねは鳴らないんだけど、最初の寝かし後がほんっと酷い。(うたた寝してて起きた)

はい、焼き上がり。
…ギャー

080725_3.jpg

ありえない程膨らんで、天井の跡がくっきり。んでその部分は勿論焼けてないのでまっちろ。焼き上がり近くの匂いはすっごい良かったのに。
エアコンかけてたし、じゃがいもは冷ましてたし、卵は半解凍状態だったし、側面に焼き色はついてるし過発酵じゃないとは思う…のだけど。酸っぱくないし。(しかし過発酵でぐぐっても症状がよくわからない)ってことはきっと水分多すぎたんだ…。確かに冷ますと側面とかちょっとペコっとしてるから多分そう。天井にくっついちゃったなんて初めてでギャーとか言いつつちょっと笑ってしまった。
卵配合の時は余計に膨らみやすいから注意すべきだったのか。じゃがいもの水分量が分からなかったからしょうがないかなぁ。次は減らそう。20gくらい減らしても大丈夫かな。

カットすると、やっぱり天井にくっついた所が焼き不足。でも全体的にはふわっふわ。気分的にはスカスカに近いような気も(汗)焼き色淡で焼いたんだけど、クラムは固め。でもトーストすればサクサク。
でも美味しい。ほんのりじゃがバターで香ばしく良いお味。(この美味しさは発酵バターのせいだったら嬉しいような悲しいような)これでもうちょっと、食感がふわっふわすぎない感じだったらもっといいな。
やっぱ水分多いのは明らかだけど、今度は温度にも気をつけてみよう。


( 2008.07.25 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル お試し 失敗
Top|編集
米粉パン
080719_1.jpg 080719_2.jpg

米粉配合のパン。ベースはホームベーカリーbookのミルクブレッド。

*強力粉 200g(イーグル100gゴールデンヨット50g)
*米粉 50g(リ・ファリーヌ
*塩 3g
*砂糖 20g
*バター 24g
*牛乳 195g
*イースト 3g
通常コース。焼き色淡。エアコン稼動。

実家持参用。リクエストはふわっとした普通のパンということだったので。
…でも実験室どっぷり中なのでタダでは起きません。

Martホームベーカリーbookに、米粉は30%くらい混ぜると書いてあったんだけど、何だか不安だったので(?)20%にしてみた。他のレシピ見ても、大体12%(30g)くらいが多かったので、とりあえず様子見て次回からまた考えてみようかと。ゴールデンヨット足したのは、何となく。重くなりすぎないかなーと思って。
やっぱ配合が良いのか、捏ね中あまり不安はない。でもゴトゴトという音は大きめだった。

焼き上がりはやや小振りでコロンとした感じ。肌理はちょっと荒め。温かいうちつまみ食いしたら、なんか牛乳くささが際立ってたような…気のせい?翌日トーストせず食べてみたらあまりそんな匂いはしなかった。
もっちり感は想像よりも弱めだったかも。味は後味がお米っぽく、結構甘さが残る。
米粉配合の時は、水+スキムミルクの方がいいかな?今度やってみよう。


( 2008.07.19 ) ( 食パン(シンプル) )

タグ:米粉 イーグル ゴールデンヨット ツール・材料 贈り物
Top|編集
おからパン
080717_1.jpg 080717_3.jpg

おからパン。レシピは、上田まりさんレシピを少々アレンジ。

*強力粉 250g(イーグル200gゴールデンヨット50g)
*生おから 50g(冷凍保存してあったものを解凍)
*豆乳 75g
*水 100g
*スキムミルク 大さじ1
*砂糖 15g
*塩 3g
*バター 18g(目分量で10gずつに分けておいたものを2個)
*イースト 3g

相方には内緒にしてみようと思ったのに、タイミングが良すぎるの悪すぎるのか、おから投入ってところで丁度覗きに来た。
「それはもしや!ある所によると産業廃棄物とされるあれですか!」…くそぅ。

イソフラボン満開。で、不安なのでスキムミルク足してみたけど意味なさげ。捏ねはよくわからんけど水分多目かも。おからが結構粗めなのでざらついた感じではある。寝かせ後の捏ねの音がやたらうるさい…キュルキュルキュラキュラキュルキュルキュラキュラ…。

膨らみは低く、小振り。奇妙なタンコブが出来て、触ったらへにょっと凹んだ。大豆の皮が結構残ってるおからだったので、皮の部分が焦げたような跡が所々にある。
カット面は手触り硬め。おから独特の感触はないけど、味はちょっと変わってる。食感はパサっとした感じでさっくり。時々つぶつぶを感じる。いかにも健康パンという印象なので、そのまま食べるにはちょっと…だけど、トーストしてジャム塗って食べたら普通。少し塩気を強く感じた。
▼READ MORE?

( 2008.07.17 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル ゴールデンヨット 雑穀 ツール・材料
Top|編集
ぷりんぱん
080713_1.jpg  080713_2.jpg

プリンパン。タケノパン工房の記事、「Martホームベーカリーbook」やクックパッドの分量を参考に。

*強力粉(イーグル) 200g
*薄力粉(ドルチェ) 50g (甘いパンはサックリする方が何となく好き)
*バター 10g
*塩 3g
*砂糖 15g
*ドライイースト 3g
*プッチンプリン 156g (三連78g×2)
*牛乳 プリンと合わせて180gになるよう投入。(後にプラス10cc)
通常コース。焼き色淡。エアコン稼動。

捏ね中、いつもはケースの周りにびたびたと叩きつけられる感じだけど、今回は羽にがっつり食いついてクルクル回る状態が多かった。なので、水分足りないのか?と思って、途中約10cc牛乳追加。
…後で追加した牛乳がなかなか馴染まず、余計クルクルツルツルと回る…。そしていつもより捏ねる音がガタガタとうるさい。硬そうな感じ。
プリンが冷蔵庫から出したてだったけど、少し温度戻した方が良かったのかな。イーストが落ちて寝かせに入った時触ってみたら、結構冷えてた。この状態でも、何だかちょっと硬そう。寝かせ後の捏ねもガタガタしてる。

焼き上がりの大きさは普通よりちょっと小振りな感じだけど、膨らみは普通かも。少し、マーブル状のムラが見られた。きめが細かくみっちりふわふわしっとりな感じ。
この食感結構好き。(前回ゴルヨブレンドだったから余計そう思ったのかも)
味は、当たり前だけどかすかにプリン味。もぐもぐしてるとしみじみ、あぁプリンかもと思う。
デニッシュと言うと、う~ん?と思うけどプレーンよりはちょっとリッチ。中途半端とも言いますか。

捏ね中の硬さはどうにかならんか…でも夏は温めるのも厳しい。
薄力粉多目だったからかな?次の日は少しパサっとした感じがした。
▼READ MORE?

( 2008.07.13 ) ( 食パン(スイート) )

タグ:イーグル ツール・材料
Top|編集
ゴルヨでコーヒーブレッド
080711_01.jpg 080711_04.jpg

分量は7/4のコーヒー牛乳パンとほぼ一緒で、一部ゴールデンヨットに変えた。

*強力粉→イーグル150g、ゴールデンヨット100g
*砂糖→28g(ヨーグルトについてた砂糖)間違えて15gの方最後に突っ込んじゃったよー(-公-、)
あとは一緒。暑かったけど最後の発酵→焼きはエアコン入れてた。

かなり膨らんだと思う。釜伸び?も結構なもので。で、上の方の形がいびつな感じ。頂上がちょっと凹んでるのは、出した時ミトンでちょっと触った為。でもフタに近かったからそのせいもあるかも。
冷めた後(微妙にサイドが凹んだような)カットすると、ミミは硬めだけどちょっとひしゃげたような形。食感はふわふわだけど、ちょっと頼りない感じもする。膨らみすぎかな。ここまでふわふわにならなくても良いような気も。

結論(という程でもないけど)
ゴールデンヨット(最強力粉)は、ノーマルなパンをふんわりさせる為にはやっぱり2~3割で良いような。
(むしろ好み的には要らない感じ)
膨らみにくいパンの時に、最高半分近く配合すれば良いかと思う。

続きは写真。
▼READ MORE?

( 2008.07.11 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:ゴールデンヨット ツール・材料 お試し イーグル
Top|編集
イーグルでコーヒーブレッド
080704_2.jpg 080704_3.jpg

ホームベーカリーbookより、ミルクブレッドのアレンジでコーヒーブレッド。

*強力粉→イーグル250g
*砂糖→25g(ヨーグルトについてた砂糖)
*牛乳+ポーションのコーヒー(無糖)→195g
水分多いかなと思ったけど一応そのまま続行。(180ccでやった時腰折れしたので)
通常コース。焼き色淡。

捏ねている時のキュルキュル音は無し。やっぱりあれは、前回水入れっぱなしのせい?(と思いつつもまた今回も一晩放置してしまった。錆びるらしいからやめた方が…。)
捏ね中の生地を覗くと、だいぶもっちりとした感じ。何故かそのままで美味しそう。焼き上がりの肌は粗めで多少ハードな感じ。香りは結構する…らしい。(鼻づまり)
ふわふわと軽いけど割とひきが強い?感じがする。コーヒーの香りはする(らしい)けど味はそれほどでもなし。やっぱコーヒークリームとか挟んで菓子パンみたいな感じにするのかな?
▼READ MORE?

( 2008.07.04 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル お試し ツール・材料
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。