スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
ウインナーのプチパン
120217_1.jpg
すっげ、ジャンキー

相変わらず、パンは作ったり作らなかったり。作ってもシンプルなHBお任せパンやベーグルばかりになっております。
で、デジカメ見てたらメモと共に眠っていた画像があったので載せてみる。えーといつだったんだろうこれ。

*リスドォル 250g
*モルトパウダー 小さじ1/4
*赤サフ 3g
*水 160g
*バター 5g
*塩 4g
*砂糖 10g
*ジョンソンヴィルのソーセージ 2本
*スライスチーズ 1枚
*粗挽き黒こしょう、ケチャップ、マヨネーズ 各少々
焼成時間:200℃15分

8等分した生地で、さいの目に切ったソーセージとチーズを包み込み、十字に切り込みを入れたら粗挽きこしょう、ケチャップ、マヨネーズをちょろっと乗せて焼いた。
(ジョンソンヴィルがたまたま激安だった為買い込みすぎた)

もうね文句無しに美味いに決まってるよー。美味しいソーセージがごろごろだもの。
また安く買えたら作ろう。(けち)



←ランキング参加中です。
スポンサーサイト



( 2012.02.17 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:1 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:リスドォル 食事パン
Top|編集
ピタパン
110903_1.jpg 110903_2.jpg
←見ての通り大失敗。→なんとか成功。全体写真?無理-!

いつもの事だけど夏はパン作り熱がしぼむね。ノーマル牛乳パンばかり焼いてました。久々の成形パンだけど、やっぱりシンプルでお気楽成形。

*ベルムーラン 180g
*薄力粉 70g
*水 150g
*砂糖 15g
*塩 4g
*オリーブオイル 15g
*赤サフ 3g

ピザ生地コースで生地を作り、六分割してベンチ約10分。丸く伸ばしたら10分程置き、焼成。
トースターとグリル2種類で焼いてみた。トースターは何故か時間がかかってあまり膨らまないうちに焦げた。(一応1300wのトースト用温度)2回目はサーモスタットが作動して使い物にならず。あの「カンッ」て切れる音ほんと腹立たしいッ。トースターのサーモスタットは要らない子。
で、魚焼きグリルを予熱して生地を置き、中の様子を懐中電灯で見ながら焼いた。最初は中火くらいで、膨らんできたら焦げそうな気がしたので火を弱め、ぷっくり膨らんで薄く色づいたら出す。こっちの方が早くて水分も抜けにくいし良いかも。っていうかこのトースターが向かない気がする…無駄に高機能。

焼き上がったら冷まし、粗熱が取れたら2等分に切る。ちゃんとパンきり包丁で切らないとくっつきます…。切ったらさっさとポリ袋やジップロックなどに入れる。

ま、ぷっくり膨らんだらとは言ったけど、半分は膨らまなかったな。生地ちょっと柔らかくて、いじっているうち真ん中が薄くなったり歪になったりしてあまりちゃんと膨らまなかった。あと、そこそこ厚みあった方が良いのかも。でもそうすると大きさ自体が小さめになってしまうので、この分量で6等分では微妙。

←ランキング参加中です。



( 2011.09.03 ) ( 成形パン(シンプル) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他外麦 食事パン お試し
Top|編集
フォカッチャ
101229_1.jpg 101229_2.jpg

クリームシチューに合わせようかなと作成。ちなみに鮭とほうれん草のシチュー。
レシピはホームベーカリーのパンとお菓子から。特にこれといって特徴あるレシピでもないけど、量的に丁度いいかなーと。取り敢えずレシピ通りで、6等分に分割し、200℃で15分焼成。トッピングはドライローズマリーと黒胡椒、あと1個だけシナモンシュガー振ってみた。全部一緒に焼いたので焼成中の匂いがちょっと怪しいことになってたけど多分大丈夫だったカモ。

塩分が多めの生地だったせいか、トッピングの岩塩がそれ程多くなかったけど丁度良かった。シナモンシュガーもちょっとしょっぱめの生地と合う。(S&Bのシナモンシュガーを振った後、砂糖を一つまみパラパラしてみた)シナモンはオリーブオイルではなく溶かしバターでもいいかなぁ?

フォカッチャはピザコースでいけるから捏ねも発酵も時間短くて済むし、成形適当でも最終発酵適当でも何とかなる。膨らみも悪くないし気泡が大きい箇所もあるので食感も良い。ラクだなー。

←ランキング参加中です。




( 2010.12.29 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他外麦 食事パン
Top|編集
フォカッチャ
101107_1.jpg 101107_2.jpg
初めて作ったけどこれウマイネ!
(焼き縮んでるように見えるけど違います。)

*北みのり 200g 薄力粉 50g
*砂糖 5g
*水あめ 10g
*塩 3g
*水 150g
*オリーブオイル 10g
仕上げ用
*オリーブオイル・岩塩・ローズマリー(ドライ)各適量
レシピはHB付属のものを大幅にいじった。ピザ生地コースで捏ね、取出したら4等分して丸め15分ベンチ。丸くのばし30℃30分最終発酵後200℃で15分焼成。

やっぱり生地がだれる…水分はさほど多い感じもしないのにな。(やっぱり気まぐれに突っ込んでる水あめのせいか?)なので伸ばす時麺棒使えなかったので、生地玉を天板に乗せて、手でぐいぐいと伸ばした。てなわけで中心部が若干薄い感じになってしまった。
で、トッピングを施し焼成。えらい膨らんで穴がほとんど消失。中心凹んでるし。あとちょっと焼きすぎた?

でも焼きたて美味い。オリーブオイルを良いの使ったらもっと美味しそう。ハーブもフレッシュだったら香り良いんだろうなぁ。なんて妄想したけど意外と簡単だったし、クラムはもちっとしつつも軽くて美味しかった。クラストが焼きたてはパリっとした感じだったけど、少し時間が経つと固かったかな。焼きを控えめにしたらまだましだろうか。それかクラストが少なめになるように、どーんと巨大サイズで焼いて切り分ける方法にするとか。

食事用に丸パン作るより、成形もラクだし時間もそれに比べ短いしフォカッチャの方が良いかも。今まで作りたいなぁと思いつつ、食べるタイミング難しくね?なんてどうでもいい疑問のせいで手を出さなかったけど、普通に焼きたて食べれば良いんじゃんね。
今度TypeERで作ってみたいなぁ。あと今妙にじゃがいもがいっぱいあるから、ポテトフォカッチャとか♪

←ランキング参加中です。




( 2010.11.07 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他内麦 食事パン
Top|編集
鶏照りピザとウインナーパン
100922_1.jpg 100922_2.jpg
照り焼きチキンピザ。マヨのせすぎ。

100922_3.jpg 100922_4.jpg
ソーセージパン。硬い。

通常の1斤分のピザ生地を作り、半分はピザで半分はウインナーパンに。ピザ生地にするにはちょっと冷凍庫の余裕が無かったもので…。生地が全く違うのでウインナーパンの方は特に期待はしないようにしよう、ウン。

*南部小麦 125g 薄力粉 100g 全粒粉 25g
*砂糖 10g
*塩 3g
*オリーブオイル 5g
*水 150g
*赤サフ 3g
*鶏照り焼き(鶏もも1枚分)、舞茸、玉ねぎ、マヨネーズ、七味
*ウインナー 4本、ケチャップ、マスタード、マヨネーズ

ピザ生地コース。半分にした後半分は更に4等分。ベンチはすっ飛ばし4等分にした方は楕円型にしてカードで中心をぐさっと刺し(わかりにくい、というかまともに説明する気がない)ウインナーを詰めてそのまま最終発酵へ。色々同時進行だったので細かいことは考えない。いいのか…。
で、もう半分の方の生地がベンチ終了っぽかったので伸ばし、空焼き。あとはマヨと七味を伸ばして玉ねぎと鶏照り(冷凍作り置き)を乗せてチーズを散らし、焼成。海苔を乗せる。
その間多分ウインナーパンの発酵が終了している頃なので、ケチャップetcを絞って温まったオーブンで続けて焼成。(190℃20分)

ピザは普通に美味い。でも珍しくマヨ絞りすぎて何か胸焼けした…。意外と大量のマヨは苦手だったりする。あと生地がどうも違和感。いまいちっていうかなんていうかわからないけど、うーん…?って感じ。
ウインナーパンはでも正直発酵足りなかった気がする。焼きたては良かったけど冷めたら硬かったな。っていうか最初からピザコースだったし薄力粉の割合多いし、普通にパンにするにはやる気の無い生地だったよね。すんません。でも何だかんだ言ってウマカッタ。まともに可愛く成形するのって珍しいし。

←ランキング参加中です。


( 2010.09.22 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他内麦 全粒粉 ピザ 食事パン
Top|編集
手抜きゆえ油断した
100823_1.jpg 100823_2.jpg
酒瓶の山は気にしないで下さい…過程もヤケクソなら写真もヤケクソ。

この間作ったウインナーパン、もっかい作ってみた。
ら、油断してウインナーぶっこむ時間を大幅にオーバーし気づいた時にはもう2次発酵終了間近…。ここで諦めれば良かったものの、何だかこの日ブッ切れてたのかそのままグサっと。案の定プシュっとガスが抜け焼き上がりは多少小ぶり。そして上手く刺さらなかったのでえらいニョキニョキ具合でちょっと笑えた。

てわけでカットも縦に6等分した。粒マスタードとケチャップをむちゅーと絞って食べてたらジャンキーなホットドッグを食べてるような気もしなくなく…(無理がある)

でもロングウインナー1本を頬張る満足感って素敵だねっ。

←ランキング参加中です。

↓追記:9/28
▼READ MORE?

( 2010.08.23 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:TypeER 早焼き 食事パン 失敗
Top|編集
ウインナーちぎりパン
100728_1.jpg 100728_2.jpg
生地量少なめ。もこもこ。

*南部小麦 150g
*バター 10g
*塩 2g
*砂糖 12g
*牛乳(低脂肪乳) 100g
*ドライイースト 2g
*ウインナー ホットドッグ用3本
*粗挽き胡椒 少々

先日作ったパンに使ったウインナーが3本だけ余っていたので、ちぎりパン風の成形で焼いてみた。HBの取説と荻山さんの本を参考に。ウインナー少なめなので生地量も少なめで。

メロンパンコースで開始。ミックスコールで粗挽き胡椒を入れ、作業のコールが鳴ったら取出して12等分し、小さく切ったウインナーを包む。分量が少ないのですごくやりにくい。羽根を取ったケースに戻し、そのまま焼き上げ。
成形の時かなり生地細かくしちゃった割には均等に膨らんでくれた。やっぱ分割はきっちりやるのが大事なんだなきっと。でも生地量少なめということを差し引いても膨らみは控えめな気がする。何だか1個1個がみっちりしてるし。うーん…。
あと焼き色が結構濃くて硬かったので、焼き色控えめでもいいかも。

ばりばりちぎりながら食べるのは食べやすいし面白かったけど、何となく生地に対してウインナーが寂しい気がした。やっぱ同じくらいの量でもこの間のぶっ刺す方が美味しく感じたかもな。

←ランキング参加中です。


▼READ MORE?

( 2010.07.28 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:2 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他内麦 メロンパンコース 食事パン
Top|編集
BPで作るナン
100720_1.jpg
来客だった為慌ただしく、事前のテスト焼き写真1枚のみ。

*強力粉 250g(半端ベルムーラン50g、半端ゴルヨ50g、南部小麦150g)
*オリーブオイル 15g
*塩 4g
*砂糖 25g
*重そう 小1/8(1/4と間違えたよ…)
*ベーキングパウダー 大1/2(5g)
*牛乳 100g(水分87.4g)
*卵 1/2個 25g(水分19g)
*プレーンヨーグルト 60g(水分52.6g)

こちらのレシピを参考に。全体の分量と水分量とオイルを変えた。あ、ヨーグルトも多くしちゃった。(ごめんなさい好きなもんで。)

このレシピがブログにUPされてから、是非作ってみたいと思っていたのだが、イーストを使わないしどうにも扱いづらそうな生地に思えたので中々手を出せずにいた。やっぱりプロのレシピは大変そうだ。ていうかナン自体このお店で食べたものが凄く美味しかったので家で作ろうという気が起きなくて。(このお店ナンもカレーもとても美味しいので、お勧め。)
だがしかし突然旦那が友人呼んでカレー三昧する!との事で(結局大騒ぎしながらキーマとチキン2種類作成。美味しくできてました。疲れたよ。)何故かサラダとナン作りを命じられてそれならばとチャレンジ。客人に出すモノなのにまた初めてのレシピでごめんなさい。いや、保険にS&Bのナンミックスも用意しときました一応。

前置きがいつになく長い。

水分を60~65%位に調整。全ての材料を生地コースで10分弱回し、止めてそのまま2時間休ませる。(気温約30℃)取出す時かなりねっとりした生地でちょっと苦戦。粉を多めにふったバットに出し、4等分してさらに30~60分程休ませる。参考レシピの写真とは違ってもっとダレた感じかも。当然丸くはならずに適当な形で放置。やっぱHBだと捏ねすぎるのかなぁ。結構長時間寝かせるから捏ねはそこそこで良いのかもしれない。

で、焼く時はアルミホイル(くっつかないやつ)にボテっと乗せ…ってホントにボテって感じで不安だったけど、サラダオイルを手にちょっと塗ってぐいぐいと楕円形に伸ばす。あとは予熱した魚焼きグリルに入れて1~2分様子見ながら焼成。火加減は下火はMAXで上火は中火よりすこし強いくらい。ちょっと目を離すと盛大に焦げるので注意…(汗)
フライパン焼きだと潰れてしまうのが微妙な感じがして、だからと言ってオーブンは予熱が大変だしそれ程温度は上がらない。トースターはサーモスタットが効いちゃって長時間使えないのが難。グリルだと予熱も焼成も早い上、程よい膨らみと所々出来る焦げがまた良い感じ。でも分割してから焼きに入るまでは、時間置きすぎない方がいいのかな。テスト焼きよりも本番焼き(?)の方がピタっぽく膨らんじゃった。

味の方はほんのり甘くふわもちで概ね好評。ほっと胸をなで下ろす。激辛キーマと相性がよい。でもやっぱイーストパンのようなひきが少ないのがちょっと寂しいような気もしないでもない。けどこれはこのままで美味しい。
ちなみにS&Bのナンミックスのほうは扱いやすい生地だったし、味も悪くない。かなり甘めでバターやミルクっぽい風味が強かった。もうちょっと水分多めで捏ねても良いかなという気もする。こちらも手で伸ばしてアルミホイルに乗せ、グリルで焼いた。

いつになるかわからないけどリピするとしたら、「もう少し水分減らしてみる」「オイルをバターにしてみる」「捏ねはもう少し短く」「禁断のイーストを入れてみるかどうか考える」ってことを頭の隅に置いてみよう。
(そういや初めて南部小麦買ってみたのにこんなレシピじゃ何が何だかわからなかった…)

←ランキング参加中です。



( 2010.07.20 ) ( 成形パン(シンプル) ) ( COMMENT:2 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他外麦 その他内麦 ゴールデンヨット 食事パン お試し
Top|編集
手抜きウィンナーパン
100714_1.jpg 100714_2.jpg
カットしながらニヤニヤするって一体。

そのレシピは、ずっと長い間COOKPADのMYフォルダに入っていた。

見た目のインパクトとアイディアは目を引きつつも、中々チャレンジの機会無く。
だがしかし、先日のベーコンエピが即売れしてしまい、肉っぽいパンに関し何となく欲求不満に陥るあまりホットドッグ用ウインナーをお買い上げ。時間も無く成形パンを作るのが難しい中、やっちまった。

Cpicon HBで❤手抜きウィンナーパン(早焼き) by eterno

こちらのレシピをお借りしました。有り難うございます。

って事で、分量通り(強力粉→TypeER200g、ゴルヨ50gで。胡椒は粗挽きガリガリ。牛乳は低脂肪。)でスタート。最終発酵のガス抜き後にウインナーをずぶーーーーーっと差し込み、そのまま焼き上げ。ウインナーが少し柔らかめだったせいか、どこまで刺さってんのかよくわからない状況だったけど、しばらくしたらにょきーっと出てきてたんで焼きに入る頃また押し込んでみた。(メモ:ガス抜きは残り約70~80分。焼きは残り約35分くらい。)

焼き上がりは程よく埋没。旦那には「梅干し刺さってる!」と訳の分らない事を言われる。夜焼き上がったので、翌朝厚めにカットしてとりあえずレンジで温めてみた。
ほんのり甘めでふわっとした生地がウインナーに合っていて美味い。もうちょっと胡椒多くても良いかも。砂糖と牛乳多めの早焼き生地ってやっぱ好きだな。いやー面白いし美味しいし、手抜きでちょっと楽しい気分になれた。明日はチーズとケチャップでトーストにしてみようっと。

←ランキング参加中です。

伊藤ハム あらびきロングウインナー

伊藤ハム あらびきロングウインナー

価格:416円(税込、送料別)




( 2010.07.14 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:2 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット TypeER 早焼き 食事パン
Top|編集
レンジホットサンド
100710_1.jpg 100710_2.jpg
景気良く流出しすぎ…って、お見苦しくてすんません…。

ホームベーカリーを使って何やらアレコレする、というコンセプトのブログですが、たまには違うことも載せてみたり。
今回は、ヤミーさんレンジホットサンド。何となく早起きしてしまった朝、ささっと食べられるものが無い…でもひもじい…という時があって、(普段は遅起きなので昼と兼用か、大体冷凍パンがあるけど)そういえばちょっと前に流行った(?)なぁとこのレンジホットサンドを思い出してみた。
暇だったからスコーンやらホットケーキやらソーダブレッド系にチャレンジしてみようかなーという気もあったけど、暑いから火とかオーブン使いたくなくてね。

腹減ってたので、分量通り作って全部食らってやるぜーと息巻いていたが、小麦粉120gという数字を見てあっさり半量に変更。
ボウル(というかどんぶり)に薄力粉60gを量り、(カップでもいいけど普段から秤使ってると量ったほうがラクなのね)塩ひとつまみとオリーブオイルを大さじ1/2入れる。その間にマグカップに適当に水を入れてレンジで熱々にチンしておき、ボウルに大さじ2入れてそのままスプーンでぐるぐる。ぽろぽろしたらグーにした手でグイグイ押してまとめ、(まとまるかギリなので手にお湯ちょっとつけながら練り込む感じ)丸めてちょっと置いとく。ちょっと置いた方が延ばしやすくなるか?と。意味ないかも。その間に具材用意。
クッキングペーパーの上に生地を置いて楕円に伸ばし、ハム2枚を敷いてチーズとケチャップを乗せ、目についたバジルとガラムマサラをひとふりしてパタンとたたむ。たたむ…ってもチーズ入れすぎたのか生地が伸ばし足りなかったのか、小さくて全く閉じられる気がしないのでそのままオープン。ペーパーごとお皿に乗せてレンジで2分。開始30秒で早くもチーズが流出しはじめて中身がボンボン鳴ってるから大丈夫か?と思いつつ見守る。

出来上がりは、中身が大変なことになっている以外は加熱前とあまり変わらず。でも特に粉っぽくもなく具材に接している部分はしっとりもっちり。あぁこれは確かにシンプルなブリトーとかパニーニっぽい。薄くしすぎない生地がもちもちで良い感じ。簡単な割には美味いなぁ。しかしこの見事に流れ出たチーズはどうしたらよいものか…。ま、ちょっと冷まして折りたたんじゃったけどね。溶けないスライスチーズとかの方が良いのかな?
(つーか実はうっかり安いチーズ買ってみたら何だか油っぽかった。二度と買わないッ)

詳しいもとレシピはこちら。書籍にも載っています。

ヤミーさんの3 step cooking

←ランキング参加中です。


( 2010.07.10 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:お試し 食事パン
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。