スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
レーズンとコーングリッツのパン
100513_1.jpg 100513_2.jpg
何故かレーズンがあまり表面に出てない

*はるゆたか 150g ゴールデンヨット 100g
*コーングリッツ 50g
*砂糖 15g
*塩 3g
*ショートニング 10g
*牛乳(低脂肪) 210g
*金サフ 3g
*レーズン 70g
焼き色薄。お湯で軽く洗ったレーズンをミックスコールで投入。

前回作ったものとほぼ一緒。粉ははるゆたかだけだと膨らみがいまいちかなと思い(特にはるゆたかである必要は無かったんだけど)ゴールンデンヨットを配合。
やっぱはるゆたかは香りがよい。んでレーズンも美味い。グリッツもプチプチとほろりと面白い。やっぱこの組み合わせは好きかも。

←ランキング参加中です。
スポンサーサイト

▼READ MORE?

( 2010.05.13 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:雑穀 ドライフルーツ ゴールデンヨット はるゆたか
Top|編集
お気楽なコーンブレッド
100406_1.jpg 100406_2.jpg

コーングリッツの処理に困りパン以外の使い道を探ろう企画。
で、今月が賞味期限のホットケーキミックスも発見。最近のミックスって150gが多いけど辛うじて?コレは200gだった。ミックス200gで作られているレシピっていうものは結構多いので、この内容量変更は愛用者にしては痛いのでは。
まぁ私はホットケーキミックス割と嫌いじゃなかったりするので、お手軽さを取るならば利用したい方でして。(という割には賞味期限ギリになるまで放置してたりする。)
小嶋ルミさんレシピコーンブレッドも美味しそうだなーと思ったけど、この際ミックス消費も兼ねてラクしてみた。

で、今回お借りしたレシピはコチラ。(有り難うございました)卵・牛乳・サラダ油・ミックス・グリッツ(レシピはミールだったけど)を混ぜるだけ。オーブンの予熱開始してから型に紙を敷いて牛乳を量り卵を割るという作業を始めても全然大丈夫。洗い物も少ないし楽だねぇ。
で、寝起きで寝ぼけているにも関わらず(コレ危険だから)順調に完成。焼きたてにメープルシロップかけて頂きました。

コーンブレッド本体は素朴でさくさく、ほろほろとしており食べ応えもアリ。コーンの甘さとミックスの独特な甘さや質感の組み合わせは割と好き。で、これにメープルシロップは鉄板。ぱさっとした生地がしっとりするまでドバーとかけてウマー。
簡単だし、グリッツも消費出来るし、美味いし、またコーングリッツ(もし次回買うならミールかな?)があれば作ってみたいかも。

今回使ったメープルシロップは安い時買ってみたもので、何だか勿体なくてなかなか開けられなかったけど折角コーンブレッド焼いたので開封。やっぱりメープルシロップは美味いね…「もどき」とか「風味」とは違うよ。当たり前だけど。
パン生地に混ぜると加える量の割に香りは濃くならないらしいので、トーストなどにかけて頂きたいと思いマス。あ、なかしましほさんのクッキー焼くのもいいかなー。


ナンバー1グレードモンファボリ ピュアメープルシロップ 250g_

←ランキング参加中です。


( 2010.04.06 ) ( 番外編 ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りお菓子 ジャンル: グルメ
タグ:雑穀 お菓子 型を使ったパン
Top|編集
レーズンとコーングリッツのパン
100330_1.jpg 100330_2.jpg

*ベルムーラン 250g
*コーングリッツ 50g
*砂糖 15g
*塩 3g
*マーガリン 10g
*牛乳(低脂肪) 205g+5g
*金サフ 3g
*レーズン 60g
焼き色薄。お湯で軽く洗ったレーズンをミックスコールで投入。

ザクザクのレーズントーストにマーガリン染みこませたら美味しそうだなぁと妄想して、先日作ってみたコーングリッツのパンにレーズンを入れてみた。
牛乳は多めに。練ってる間は硬そうな感じがするけど、触ってみると結構柔らかい。丁度いいのかよくないのかわからん。焼き上がりの膨らみは普通。というか低め。トーストすると上あごがざりざりする位ザクザクだけどそれがまたイイ。でもトーストしなくてもそれはそれでよし。グリッツの食感が只のトーストに食べ応えというかボリュームを与えるのか結構満足感は大きい。しかし久々のレーズンパンうまー。

そんな高さは問題ではないけど、この控えめさは水分不足?グリッツ多すぎ?やっぱゴルヨ入れたほうがいい?

←ランキング参加中です。



▼READ MORE?

( 2010.03.30 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:その他外麦 雑穀 ドライフルーツ
Top|編集
コーングリッツのパン
100316_1.jpg 100316_2.jpg

*はるゆたか60g ベルムーラン90g ゴールデンヨット100g
*コーングリッツ 50g
*トレハロース10g 砂糖5g
*塩 3g
*マーガリン 20g
*牛乳 200g(+水小さじ1くらい)
*金サフ 3g
タイマー有り。焼き色普通。
値段につられて、初めてベルムーランを買ってみた。でも中途半端に余ってたはるゆたかを発掘したり、膨らまないことを恐れてゴルヨ多めに配合したので、粉自体の特徴はよーわからんかった。

パンは久しぶりにノーマル以外を焼いた。何となく棚整理してたら、以前買った色々なモノの賞味期限が怪しく(またはアウト)なっていたので、手始めにコーングリッツから処理。忙しさもあって色々と配合の妄想したり成形パン作る気力が無かったもので…。
コーングリッツって消費しづらいなぁ。コーンブレッドっていう方法もあるけど何となく億劫。結局イングリッシュマフィン1回しか作ってなくて勿体ないな。美味しかったんだけど…気力が…。

配合は、思いつき。調べようかとも思ったんだけど幾つが見てるうち何だか面倒くさくなってきて、失敗覚悟でどーんとパンケースに放り込む。ぐねぐね捏ねてるうち段々硬めなような気がしてきたので、意味あんのかなコレと思いつつ水を気持ち程度追加。あとは朝まで放置。
思いつきの配合の割には、いい感じに出来たんじゃ?グリッツ効果でクラストはバリッバリだけど、中身はふんわり。これはゴルヨ効果なのかベルムーランのせいのか…は、ワカラン。でも確かにトーストするとバリバリ美味い。グリッツの粒々はきっと好き好きだろうけど私は好きかな。家人は何も言わず黙々食ってたからまぁ特に気にならなかったんだろう。(と思っていたら後で硬かったって言われた)

このままでもOKっぽいけど、次回はバターと砂糖を減らしてみよか。あとは牛乳210gにするとか。

←ランキング参加中です。


( 2010.03.16 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット その他外麦 雑穀 タイマー
Top|編集
イングリッシュマフィン
091122_1.jpg 091122_2.jpg
カット面忘れたわー

ホシノでイングリッシュマフィン作ってみた。作ってみたいとは常々思っていたけど、初めて。何となくホシノでやってみたかった。

*春よ恋 225g 全粒粉 25g
*砂糖 13g
*塩 4g
*水 125g
*生種 20g
*コーングリッツ 適宜

皮はむっちり、中はもっちり和ベーグル」を参考にして少々配合と分量の調整を。
何でベーグルの本でイングリッシュマフィン?って感じもするけど、巻末の方でベーグルと同じ生地を使って展開した色々なパンのバリエーションが紹介されている。発酵時間や焼成方法などを変えると色んなパンになるんですよと。

ここに載ってるイングリッシュマフィンが、なかなか可愛い形しててねぇ…まぁ、私はイングリッシュマフィンの型を持ってないので(紙で作れるけど作る気ナイ)側面がぼよーんとしたものに焼き上がるだろうと思われ。でもその形も結構可愛いと思うんだけどね。それにしてもイングリッシュマフィンは加水高めなレシピが多いのに、ベーグルと同じなんて大丈夫なのか?と思いつつ試してみる。

1次発酵は20~24度位で10時間。結構膨らんでいたのでガス抜き、分割、丸め、ベンチ45分。この間焼成はどうしようかかなり迷ったけど、たまにはいつもと違う方法でと思い、ホットプレートを引っ張り出す。(出すのが微妙に大変な上、コンセントやら何やらちょっと面倒だったので少し後悔…)
ベンチ後の生地を丸め直し、霧吹きしてコーングリッツをまぶし、ちょっと潰してホットプレートに並べる。蓋をしたら最終発酵として150℃に設定して30秒程加熱し、そのまま放置。30分後にまた150℃に設定して15秒程加熱、再び放置。(気温約19~20℃)合計1時間半くらいで終了、焼成開始。
5分+10分+5分という時間配分が多かったのでその通りにやってみる。最初はプレートが温まるまでちょっと長めにした方がいいかな?

150℃5分経過、様子を見たらかなり焼き色がついていたのでひっくり返す。若干火を弱めて(保温と150℃の間くらいだけどちょっと150℃寄り)ターナーで軽く抑え、10分。うっすら色づく位になったので再びひっくり返して5分。多少焦げ気味だけどまぁ良いかな…。
でも表はいい色。焼けてるか気になったけど、イングリッシュマフィンは多少焼きが足りなくても食べる時にはトーストするもんだから多分大丈夫かも。しかしまぁ…ほんとにそれっぽいものが出来てちょっと嬉しい。面白いなぁ。ホットプレート焼きは夏だったら長時間暑い思いしなくてもいいかも。
ふと思ったんだけどオーブンと比べて電気代ってどうなんだろう?やっぱり少ないよね…?(自信なし)

いい感じに焼き上がりまして、冷ましてから横にカットしてみた。フォークで云々という記事をよく見るのでその通りにしてみたら、側面がふかふかすぎて潰れたなので普通にブレッドナイフでカット。
美味いね。適度にもっちりしっとり。外側はザクザク…というかバリバリ?かなり硬めかも。やっぱり焼き色は薄めの方がいいなぁ。あと厚みはもうちょっとあっても良い感じ。具を挟んだらクラムの存在感無くなりそう。
あと、大きさ的にはもう少しだけ大きくてもいい。粉300gで8等分にするか、粉250gで6等分にするか…それも迷う所。
市販のイングリッシュマフィンみたいに、側面も割としっかりめな感じにならないかね。でもそれなりの型を使って、オーブンで焼かないとあぁいうふうにはならないのかな、とも思う。やっぱりホットプレートで型無しだと、上下面と側面で火の通りに差が出そうだし。


コーングリッツ500g

←ランキング参加中です。
▼READ MORE?

( 2009.11.22 ) ( 成形パン(シンプル) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:春よ恋 全粒粉 雑穀 天然酵母
Top|編集
膨らまないおから豆乳パン
091112_1.jpg 091112_2.jpg
久々に小粒な焼き上がり…

こちらの再来。長年の時を経て(?)再チャレンジ。
…そして、撃沈w前よりも膨らんでないじゃないかっ!

*強力粉→ゴールデンヨット90g、イーグル80g、薄力粉80g(薄力粉はありったけ)
あとはレシピ通り。

ゴルヨ混ぜてもあまり変わらない感じ。普通だとかなりボリュームが出るはずなんだけど、豆乳やらおからやら、こういう素材はあまり意味が無いのかなと思った。おからの食パンは難しい。ていうか、おからか豆乳かどっちかにした方が良かったん?
香りや味は良いのだけど…食感が微妙なのでチーズ乗せてがっつりトーストってことで。ジャムで食べたかったのに、ジャムが合わないパンって何さ…。
ということで、次回からは大人しく丸パンやベーグルに入れることにしよう。ベーグルは普通に美味しいからイイネ。

←ランキング参加中です。


( 2009.11.12 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:イーグル ゴールデンヨット 雑穀 失敗
Top|編集
香ばし五穀ベーグル
090812_2.jpg 090812_3.jpg
詰まらなすぎず。ふかふかすぎず。丁度イイ。

*上新粉 50g キタノカオリ 60g イーグル 140g
*水 140g
*砂糖 5g トレハ 10g
*塩 3g
*イースト 3g
*香ばし五穀 50g

この時使った香ばし五穀の残りを冷凍していたので、それを使ってベーグルを作った。上新粉は増やして50gに、あとは中途半端に余っていたキタノカオリと、いつから開いてたかわからないイーグルを混ぜた。(微妙に勿体ない)香ばし五穀はミックスコールで。

…が、しかしやっぱり混ざらなかった生地硬いし、もち羽だからしょうがないんだけどねー。やっぱりもっと早めに入れるか、最初から入れてしまう方がよかったのかも。妙なマーブル状になっていてそれもアリか?と頭をよぎったけど、結局手で捏ねた上新粉配合のせいか生地がぼそっとした感じ。紙粘土みたいな。
ベンチは約15分程、成形して最終発酵。成形自体はしやすいんだけど、あまり伸びが良くないので成形する時ブチっとなる。最終発酵も30分ちょい位だったけど、もうちょっと取れば良かったかな。そういやケトリングの時また継ぎ目やとじ目が危うかった。何故だー。

焼成は200℃で18分。上新粉とトレハのせいか色白。あまり膨らまず小さめで、シワも多い。でも五穀が香ばしくて美味しく、モチっぽい弾力と合っていてそのままでも食べられる。トーストしても香ばしくていい感じ。プレーンなベーグルと同じように何か挟んだりしても美味しそうなので、今回6分割にしたけど、4分割でサンドにしても良いかも。
これはまた作りたいなぁ。また香ばし五穀買ってこよう。近くの店で売ってれば良いのだけど。そこらへんで売ってる雑穀ミックス炊いてみるのも手なのかと思うがメンドクサイー。

090812_1.jpg
トースト前はちょい色白。


そのまま使える香ばし五穀 500g_

←ランキング参加中です。


( 2009.08.12 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:2 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ベーグル イーグル キタノカオリ 雑穀 米粉
Top|編集
香ばし五穀と上新粉のパン
090702_1.jpg 090702_2.jpg

ホームベーカリーbookより、上新粉のパン+香ばし五穀。
*強力粉→イーグル30g、香麦160g、ゴールデンヨット40g(寄せ集め)
*香ばし五穀 50g
通常の食パンコース、焼き色普通。気温28℃、55%(エアコンあり)

***

米粉入りの普通のパンを焼こうと思ってHBに材料をセットしている途中、何となく思い立って先日買ってきた香ばし五穀を入れてみた。ベーグルに入れようと張り切ってたんだけど、まぁ半分くらいいいっしょ。

分量がよくわからなかったけど、サイト見て見たら粉の20%と書いてあったので、袋の半量の50gをザーっと投入。そこでふと気づく。「これってもしかしてミックスコールで入れなきゃ駄目だったか?」
今回の強力粉は色々な半端モノの寄せ集めでちまちま入れていたので、そのままの勢いでザーっとやってしまった…。このままいってしまおうかどうか迷ったけど、一応出来るだけ救出。何とか30g程救出した所で諦め、そのまま後の材料を入れてセット。

ミックスコールで救出した五穀を再び投入し続行。何事もなく焼き上がり(夜中)翌日朝カット。すごく雑穀って感じで(?)いい断面だ…。手触りもしっとり柔らか。この感触は米粉ならではかも。
ちょっとトーストした方がいいかなと思ったので軽く焼いてみた。かりかりふわふわもちもち、そして五穀が本当に香ばしい。ただごまっぽさがすごい強くて、ごまぱん?みたいな感じはした。ご飯に一六穀米は入れたことあったけど、やっぱ同じような感じ。食べ応えがあって香りもいいし、美味かった-。
五穀は最初から入れた方がいいのか、ミックスコールがいいのかは結局よくわからず。でもごまはミックスコールだったからやっぱそうしたほうがいいんだろうな。

香ばし五穀は下準備も要らないし、本当にそのまま使えるので便利。ただレトルトパウチで、開けたらすぐ使いきれってことなのでちょっと微妙かな。でも冷凍しておけば大丈夫らしい。ということで、今回100g入りのものを買ったので半分は冷凍、ベーグルに混ぜる予定。


そのまま使える香ばし五穀 500g_

←ランキング参加中です。


( 2009.07.02 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット イーグル 香麦 米粉 雑穀
Top|編集
再びおからベーグル
090602_1.jpg 090602_2.jpg

こちらに再度挑戦。まだおからあった。
今回もこちらのレシピを参考に。

変更点
*強力粉→ゴールデンヨット 150g、イーグル 150g
*砂糖→上白糖 5g、トレハ 5g
*塩→ 4g
*イースト→ 3g
*オリーブオイル→ 20g
*水→ 160g
めん・もち羽根で生地コース。1次発酵なしベンチ20分。最終発酵(室温26~27度70%)50分。焼成200℃18分。

前回、この分量だとHB回すの厳しいかもとか言っといてまた同じ分量で回した。生地を押し上げて空回りする羽根に、ゴムべらでぐいぐい押し込みながら捏ねさせる。(かなり無理のある使用方法だと思うので真似は推奨しません…)すると5分くらいで段々まとまってきた。でもめん・もち羽根なので相変わらず乱暴な捏ね具合…。

捏ね上がったら6等分して丸め、20分ベンチタイム。最近コロコロと片手で丸めるのに慣れてきたかな。そして成形して最終発酵。穴を小さめにと思っていたつもりだったけど、結局いつもとかわらなかったような。まぁいっか。
おからベーグルの生地は何だか気持ちよくて好きカモ。ざらっとしつつもふわっとした不思議な手触りというか。伸びも良くて成形しやすい。
前回最終発酵を長めに取ったけどそんなに悪くなく、また室温が少し低めな感じもしたこともあって今回も長めに。とか言ってまた長すぎたのかパンパンに膨らんだ。大丈夫なのかこれ。ケトリングの間もモコモコ膨らみ、天板に並べるとくっついてしまいそうな感じ。でも焼成に入ったらそこからはあまり膨らまず表面に張りが出た感じになっただけだった。まぁこれも前回と同じだけど、ゴールデンヨットの配合が多いせいか膨らみは良い。

翌日レンジで軽く温め、ハムとチーズのシンプルなサンドで試食。歯切れは良いけどむちっとしている。前回よりも、歯につくようなむちむち感が強い。トレハのせいかな。それとも発酵時間が長すぎたからだろうか。(過発酵ぎみな気も)食べ応えがあって腹にたまるなー。ザラつき感の方はそんな無いような…おからベーグルに慣れちゃったからなのか?あとオリーブオイル効果がいまいちわからないけどソフトになったような気もする焼き色とか伸びも違ったかなぁ?(曖昧)この量は一応元レシピと変わらないんだけど、ちょっと多いかもしれない。

←ランキング参加中です。
▼READ MORE?

( 2009.06.02 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ゴールデンヨット イーグル 雑穀 ベーグル
Top|編集
おからベーグル
090510_1.jpg 090510_2.jpg
焼きムラ酷いわ…穴あいてるわ…orz

こちらを参考にさせて頂きました。

*強力粉→ゴールデンヨット 83g、イーグル 217g
*きび砂糖→上白糖
*イースト→3g
*ぬるま湯→150g+10g
*オリーブオイル無し

めん・もち羽根で生地コース。20分+10分。最終発酵(室温)40分。焼成200℃18分。
ちなみに本日室温29~30度、湿度60%(安い温度計買った)
そろそろ暑くなる季節なので、室温やエアコンの有無も書いておこう。

***

冷凍庫がカオス状態だったので整理をしていたら生おからが出てきた。きっちり50gずつ分けられてラップに包まれ、更にジップロックという厳重さ。多分数ヶ月経っていると思われるがこれだけきちんと保管(?)してあるんだから大丈夫だよねきっと、と思いベーグルにしてしまうことに。さすがに生は食えん。
甘いパンばかり続いてるので、自分の体調を戒める意味でもたまにはこういう健康系パンの在庫も置いとこうかな…。

強力粉300g&おから100gというのは、HBにとってやっぱりかなりキツかったかも。羽根が、ぽろっぽろの生地を上に押し上げて空回り…なんてこともしょっちゅう。あぁやっぱこれは駄目かなーなんて思って時々ぐいっと押し込みながら回してると、10分過ぎた頃には何となくまとまってきた。20分後まだぼそぼそぎみだったので一応捏ね10分程足してみた。まぁおからなので多少はぼそっとはしてるけど。
最初水を150g入れて、途中10g足したんだけど結構硬めの捏ね上がりだったと思う。
6等分して丸め、約20分ベンチタイム。(諸事情によりちょっと長めに)いつものように成形して、室温で最終発酵。おからが入っているせいか、ベンチ長かったせいか、伸びが良くて成形しやすい。その後発酵長かったのか、すんごい膨れてしまった
サイズが大きいせいでケトリングが1回で収まらず、2回に分けたけど焼き上がりにそんな差は無かった。表面はおからっぽいザラザラ感はあるものの、ぼこぼこにはならなかったので安心した。大きさ的にはあまり釜伸びはせず、ケトリング後から変わらなかった。
ただ穴がちょっと大きいなぁ。調子に乗って伸ばしまくってたから。形は悪くないけど何か挟んで食べようかなーという時にはこの穴はちょっと邪魔かも…。

とりあえずそのまま食べてみた感じ、ひきはあまり無いけどもちっとはしてる。おからのせいかな?砂糖や粉とは違うほんのりした甘さがある。食べた感じのザラザラ感は…残念ながら少しアリでも気になる程ではないと思う。
…ジャムつけて食べてしまった私は駄目な子


EMPEX(エンペックス) シュクレmidi温・湿度計 TM-5601 【シュクレ温度・湿度計】

←ランキング参加中です。


( 2009.05.10 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:イーグル ゴールデンヨット 雑穀 ベーグル ツール・材料
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。