スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
半斤で全粒粉パン
090617_1.jpg 090617_2.jpg
失敗じゃないよ…半斤なんだよ。それにしても低いケド。

*TypeER 100g
*全粒粉 25g
*砂糖 5g
*塩 2g
*バター 5g
*水 85g
*イースト 2g弱
食パンコース。焼き色薄め。80分前に羽根を取る。
イースト投下の時パンケースに付着した生地を落としておく。羽根取る時(焼き上がり80分前)今回べたついたので、手にちょっと粉をつけておくと良かったかも。

***

忙しかったりしてちとパン作りから離れていると、何故かHBお任せコースをセットすることさえ億劫になる。作りたいし食べたいとは思うけど時間かかるしなぁとか洗い物がなぁとか頭ん中がグダグダとしてるうちに1日が終わるという。
うーん、まぁこういうテンション低い時もあるよねと思うことにしよう。

で、何故このパンかと言うと、普通のリーンなまるぱんが食べたかったんだけど面倒だったので、半斤ならクラスト多めになるだろうし、多少焼きすぎでも無問題だしということで。適当っすね。
しかし…最初何故かめん・もち羽根も一緒に入れて回してて、なんでカラカラ言うんだろう?と思ってHB覗いたらタマゲタ何で入ってたんだ。

焼き上がり。クラストがフランスパンコースで焼いたような感じ。ゴツゴツした粗めの感触。リーンな配合だとこうなるのかなー。と思ったらクラムも微妙にフランスパンコースっぽく気泡が粗めな感じになっていた。以前同じような配合で1斤焼いた時とは全然違った。
フランスパンコースって普通の食パンコースと何が違うんだろう?と思っていたけど、水分多くてリーンで焼成温度高めであればそれっぽくできるってこと?すげーざっくりな考えだけど…。

ま、美味しく頂きました。

←ランキング参加中です。
スポンサーサイト



( 2009.06.17 ) ( 食パン(アレンジ) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:TypeER 全粒粉 半斤
Top|編集
くるみといちじくのパン
080921_1.jpg 080921_2.jpg

こちらの再チャレンジ。

*強力粉 125g(リスドォル100g全粒粉25g)
*水 89g
*塩 2g
*砂糖 4g
*イースト 1.5g
*ドライフィグ 30g
*レーズン 30g
*くるみ 30g

強力粉をリスドォルに変え、具を増やした。あとは前回と一緒。形整えたあと何となく強力粉を薄く振ってみた。似非カンパーニュっぽくて何だかいい感じ。クープ入れればもっと似るかね。
具は前回よりも大きめで、ミックスコール終了後きっちり3分後に投入。高速回転開始していたのでガランガラン凄い音だったけど多分大丈夫…だと思う。
で、やっぱ美味かった。レーズン入れてよかった。コレと一緒に食べたけど、まぁまぁ美味しい。

そのうちまた作ろうっと。


( 2008.09.21 ) ( 食パン(スイート) )

タグ:リスドォル 全粒粉 ドライフルーツ ナッツ 半斤
Top|編集
トリプルミルクパン
080903_1.jpg 080903_2.jpg

ホームベーカリーのパンとお菓子よりトリプルミルクパン。(半斤)

*強力粉 125g(イーグル66gゴールデンヨット59g)
*バター 10g
*砂糖 10g
*塩 2g
*スキムミルク 8g
*コンデンスミルク 大さじ1/2
*牛乳 89g
*ドライイースト 小スプーン1/2
通常コース。焼き色淡。焼き上がり80分前に羽を取って、10分前に出す。

強力粉の在庫がまだあるなーと思ってたら、イーグルだと思ってたものがゴルヨだった。2~3割ゴルヨ混ぜようと思っていたのだけど足りなくなってしまったので、イーグルと約半分ずつ。コンデンスミルクの量間違えて少なめにしてしまった。

10分前に出したは良いけど、その割には側面の焼き色が濃かった。やっぱり乳製品と糖分が多目だから仕方ないのかな?このような配合の時は出すのもう少し早めてみよう。
ゴルヨ半分混ぜたせいかかなり高さが出た。でもふわふわすぎることもなく、適度なみっちり具合の食感。シンプルなパンを半斤にしたい時は、最強力粉をブレンドした方が良さそう。濃い目のミルクっぽさがかなり甘く感じるけど、しっとりと口当たりも良いし美味しい。クラストも一晩置けば柔らかくなって食べやすい。

でも日常的なパンとして食べるには、ちょっとリッチすぎかな?


( 2008.09.03 ) ( 食パン(シンプル) )

タグ:イーグル ゴールデンヨット 半斤
Top|編集
くるみといちじくのパン
080829_3.jpg 080829_4.jpg

ホームベーカリーbookより、くるみといちじくのパンをアレンジ。(半斤)

*強力粉 75g
*薄力粉 25g
*全粒粉 25g
*イースト 1.5g(小スプーン1/2)
*水 87.5g
*レモン汁(ポッカレモン) 1.5g (水とレモン汁合わせて90g)
*塩 2g
*砂糖 4g
*ドライいちじく 25g
*くるみ 25g
通常コース。焼き色淡。ミックスコールから練り開始2~3分後にフィリング投入。
焼き上がり80分前に羽を外してみる。この量だと生地をちょっと端に寄せてケースを傾け、隙間に手を突っ込み丁寧に羽から生地を外していけば割と簡単に取れた。あとはちょっと形を整えて焼きへ。
リーンな配合は初めてかも。(ベーグル以外)

…何これ岩?みたいなものが出来上がったけど、ハード生地なので無問題。むしろ表面積が広い方がこの場合良いかな?形もコロンとして可愛い感じだし。焼き色は淡でも結構濃い目。淡の時間通りでOKってことで。
薄めにスライスしたら、いちじくは何処へ?みたいな感じで種がだいぶ散らばっていた。もうちょっと塊残らんか…。偏ってるし。
味は良い。もっと具がゴロゴロしてたら嬉しいかもしれないけど、HBじゃこれが限界なのかな。
素朴な、噛み締めて美味しいハード生地だった。

今度はくるみといちじくをちょっと多めに。具はもう少し遅めにしてみる。フランスパン専用粉でもやってみたいかも。


( 2008.08.29 ) ( 食パン(スイート) )

タグ:お試し 半斤 ナッツ ドライフルーツ
Top|編集
半斤パン(コーヒー)
080821_1.jpg 080821_2.jpg

ホームベーカリーbookより「ミルクブレッド」のアレンジ。

「半斤」でパンは焼けないのかなぁと。
上手く出来れば冷凍することも無いし、自分しか消費しないであろうアレンジパンにも挑戦しやすくなる。
でも一応説明書には、「材料を半分にしても、ねりやガス抜きの強さがキツくなりすぎるなど、ホームベーカリーの調理工程と合わないため、できません。」と書いてあり、ナショナルのサイトでは、「Qホームベーカリーで半斤のパンが作れますか?A 半斤はおすすめできませんが、発酵の状態をご自分で見極めていただければ作れない訳ではありません。その際、四隅に粉が残ることがあります。」とある。
理由が違うし、発酵の見極めと言われてもMKとかじゃないから見極めたとしてもどう調整?と疑問に思うけど、とりあえず出来ないということには変わりはなさそう。

しかし、こちらや、こちらや、こちらや、こちらや、こちらや、こちらとか。他にも調べたら色々あったから、こりゃ出来んぢゃね?って感じだったのでやってみた。(無断リンクすみません。)

*強力粉 125g(イーグル
*砂糖 15g
*塩 1g
*牛乳+ポーションのコーヒー 97g
*バター 10g
*イースト 1.5g(量れないんで付属小スプーン1/2)

とりあえず出来る限り半量に。(1g以下が量れるスケールが欲しい)最初生地がある程度まとまったら、ケース四隅の粉落としをした方がいいかも。捏ね中はガタガタ音が凄い。生地少ないから仕方ないんだけど。偏りが心配だったけど、そうでもない。

焼き上がりは、焼き色淡にしたにもかかわらず濃い目。生地半量でも焼き時間そのままだから仕方ないのか。10分前くらいに出しても良いような感じ。やっぱり生地が偏ってて、羽周りがかなりいびつな感じ。羽取っちゃえばいいのか?膨らみ具合は正直よくわからんけど、ゴールデンヨット混ぜて高さ出してもいいような気もする。水分ももうちょっと増やしても大丈夫…かなぁ?わからないけど今度牛乳じゃなくて水でやってみようか。

しっかり焼いているし、小振りなのでカットしやすい。断面もコロっとしてる。食感は固め。これも焼きすぎのせいだろうね多分…。形さえ文句言わなければ、半斤焼きは結構使えるのではないかと思われ。ただやっぱコーヒーこれでは入れすぎ。にがい。でもトーストしてコンデンスミルクかけたらうまーい。
次回はゴルヨ配合で焼き時間は10分短めに、あと水分は水+スキムミルク。
▼READ MORE?

( 2008.08.21 ) ( 食パン(アレンジ) )

タグ:イーグル お試し 半斤
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。