スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )


Top|編集
黒ごまとさつまいものベーグル
120217_2.jpg 120217_3.jpg
モリモリゴロゴロサツマイモ

*リスドォル 250g
*水 150g
*塩 5g
*砂糖 20g
*赤サフ 2g
*黒ごま 大さじ2
*さつまいも 230g
   砂糖 大さじ2
   バター 15g
*メイプルチップ(粒ジャムメイプル)1個あたり多分15粒くらい
焼成時間:200℃18分。手順はいつも通り。

これもいつ作ったんだっけ・・・?と思ったけど多分前回のソーセージの後だと思う。
さつまいもを角切りにして砂糖とバターで甘煮にし、6等分しておく。黒ごまを練り込んだ生地に(入れる時間間違えてかなり粉砕練り込み状態)さつまいもを等分してメイプルチップと一緒に巻き込み、成形→発酵→ケトリング→焼成。
あー・・・さつまいも結構つまみ食いしすぎたからこの分量より少ないかも。でも結構多めでもうちょっと少なくても大丈夫かなって位。
メイプルチップはもっと多めでも良かったカモ。チップ単体だとあまり美味しくないような気がするけど、なんかに混ぜると美味しいかもと思う。あ、シナモン混ぜても良かったかなぁ。
取り敢えずボリュームもあって美味しい。朝ご飯に一個で満腹満足になるのである意味ラクです。



←ランキング参加中です。
スポンサーサイト



( 2012.02.17 ) ( 成形パン(スイート) ) ( COMMENT:0 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:ベーグル リスドォル
Top|編集
ウインナーのプチパン
120217_1.jpg
すっげ、ジャンキー

相変わらず、パンは作ったり作らなかったり。作ってもシンプルなHBお任せパンやベーグルばかりになっております。
で、デジカメ見てたらメモと共に眠っていた画像があったので載せてみる。えーといつだったんだろうこれ。

*リスドォル 250g
*モルトパウダー 小さじ1/4
*赤サフ 3g
*水 160g
*バター 5g
*塩 4g
*砂糖 10g
*ジョンソンヴィルのソーセージ 2本
*スライスチーズ 1枚
*粗挽き黒こしょう、ケチャップ、マヨネーズ 各少々
焼成時間:200℃15分

8等分した生地で、さいの目に切ったソーセージとチーズを包み込み、十字に切り込みを入れたら粗挽きこしょう、ケチャップ、マヨネーズをちょろっと乗せて焼いた。
(ジョンソンヴィルがたまたま激安だった為買い込みすぎた)

もうね文句無しに美味いに決まってるよー。美味しいソーセージがごろごろだもの。
また安く買えたら作ろう。(けち)



←ランキング参加中です。



( 2012.02.17 ) ( 成形パン(アレンジ) ) ( COMMENT:1 )
テーマ:手作りパン ジャンル: グルメ
タグ:リスドォル 食事パン
Top|編集
ベーグル
081011_2.jpg 081011_4.jpg

昨日のソフトフランスはさくっと食ってしまったので今日はベーグル。
相変わらずBAGEL & BAGELに似たレシピ。(と言ってる割には全然違う)

*強力粉 250g(リスドォル130gゴールデンヨット120g)
*きび砂糖 5g
*塩 3g
*水 150g
*イースト 3g

イースト後入れの設定だと、水分少ない生地の場合イーストの粒々が残ってしまう時がある。残る時と残らない時の違いはよくわからん。微妙な水の量なのか、温度なのか。でもやっぱり最初から入れておいた方がいいのか。焼きあがった時も粒々部分がブツブツに焦げてたよ…。
あと粉は全粒粉混ぜたかったんだけど、ゴルヨの賞味期限の関係でこんなんなった。でもやっぱゴルヨ多いと変にふっくらしてしまうな…。最強力粉で水分少なめな生地より、普通の強力粉(または準強力粉)で水分多目生地の方が扱いやすいだろうか。一応レシピは最強力粉なんだけどね。

前回と同じく生地コースで20分(相変わらずガコガコ)、取り出して4分割し15分のベンチタイム。あとは楕円形に伸ばして巻き、成形。今回は水分10g増やしたから?全く粉振らない状態だとちょっとべたついた。
成形は、前回よりも上手くいったような気がするけど(1個ダケ)まだまだブサイク。なかなか細長く伸びないんだわ。手早くと考えずに、丁寧にゆっくり伸ばした方が上手くいくような。焦って力込めて伸ばしたりするとかえって伸びない。気がする。まぁ適度にだけど。

2次発酵20分、取り出してすぐ予熱開始。同時にケトリング用のお湯点火。お湯はフライパン半分くらいで砂糖を大さじ2弱。予熱完了のブザーが鳴ったら(或いは10~20℃前)ケトリング開始。裏表30秒ずつ。
焼きムラ酷い。そしてキメが荒すぎ。
▼READ MORE?

( 2008.10.11 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:ゴールデンヨット リスドォル 失敗 ベーグル
Top|編集
ミニソフトフランス
081010_2.jpg 081010_1.jpg

リクエストによりミニソフトフランス
温度も時間も大丈夫だったのだけど…何かぼんやりしてて霧吹きすっかり忘れたよ…orz

なんかやわやわとして粉っぽいし、形がいびつだし。
っていうか、全体的に何だか形も色もヘン。でも味は普通。

何だかなぁ…結局一番最初に作ったやつは越えられないのか。っていうか一番最初っていうのは必要以上感動してしまうものだからなー。しかもお疲れの時にやるとやっぱりどっかミスるんだなー。

ベーキングシート買ってみた。天板の大きさにカットしたら2枚とちょっと出来た。洗って何度も使えるし、くるくる丸めて収納できるし、いいもの買ったわ。お勧めです。


( 2008.10.10 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:リスドォル 定番 失敗 ツール・材料
Top|編集
くるみといちじくのパン
080921_1.jpg 080921_2.jpg

こちらの再チャレンジ。

*強力粉 125g(リスドォル100g全粒粉25g)
*水 89g
*塩 2g
*砂糖 4g
*イースト 1.5g
*ドライフィグ 30g
*レーズン 30g
*くるみ 30g

強力粉をリスドォルに変え、具を増やした。あとは前回と一緒。形整えたあと何となく強力粉を薄く振ってみた。似非カンパーニュっぽくて何だかいい感じ。クープ入れればもっと似るかね。
具は前回よりも大きめで、ミックスコール終了後きっちり3分後に投入。高速回転開始していたのでガランガラン凄い音だったけど多分大丈夫…だと思う。
で、やっぱ美味かった。レーズン入れてよかった。コレと一緒に食べたけど、まぁまぁ美味しい。

そのうちまた作ろうっと。


( 2008.09.21 ) ( 食パン(スイート) )

タグ:リスドォル 全粒粉 ドライフルーツ ナッツ 半斤
Top|編集
ミニソフトフランス
080919_1.jpg 080919_2.jpg

以前と同じレシピで、粉の分量を少なめに。
分割は変えないので、一つ約54gくらい?

*強力粉 250g(リスドォル
*イースト 2.5g(3g入っちゃったけど)
*砂糖 6g
*塩 5g
*バター 5g
*水 162g
生地作りコース。

そういえば、パンマット ミニを購入した。洗い方どうするのかよくわからんのだけど、少量の粉で生地が扱いやすくなるのでかなり重宝してたりして。
丸く伸ばす時はガス抜きめん棒(これもくっつかないし結構便利)でゆっくり上上下下って感じで移動させる。急ぐとくっついたり縮んだりする。
クープは化粧用剃刀で。(専用は高いし)バターもちゃんとコルネ作って細く搾り出した。(コルネ難しい)前回よりも分量が少ないのでふたつくっついただけ。そんなに小さく感じなかったのでこれでいいかもな。しかし大きさが全然均等にならないなぁ…。まぁ量ればいいんだけど自家消費だから無問題。

220℃予熱⇒霧吹きをした生地入れ⇒3分そのまま放置⇒再度霧吹き⇒180℃に下げて15分⇒6分追加
という方法を実践してみた。クープ自体は開いたけどそのせいかどうかはわからない…。焼き色はやっぱり薄いので、前回のように210~220℃のほうがいいかも。やっぱ電気オーブンだめじゃん。ちょっと粉っぽい?と感じたのはそのせいかなぁ。何となくパリっとしていない感じ。反省。
▼READ MORE?

( 2008.09.19 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:ツール・材料 リスドォル 定番
Top|編集
ミニソフトフランス
080907_1.jpg 080907_2.jpg

ソフトフランスパン。レシピはこちらを参考にさせて頂きました。
でもバター染みてるし…過発酵ぎみだし…形オカシイし…。・゚・(ノД`)

*強力粉(リスドォル) 300g
*ドライイースト 3g
*砂糖 7.5g(7g)
*塩 6g
*バター 6g(4g)
*水 195g
生地コースで発酵まで。分割は8等分。

折角リスドォル買ったので、シンプルなソフトフランスを。真っ当なフランスパンはちょっと難しすぎるので。(多分この先も挑戦することは無さそう)
実はHATTINGのミニロールが思いのほか気に入って、バケットやベーグルの生地をこのくらいのサイズで作れば似た感じになるかなぁという淡い期待を抱きながら挑戦したわけで。このミニロールは、生協の宅配でしか今のところ買えないからちょっと不便だし、冷凍庫が占領されるのでそれが少し微妙なところ。何回か練習して近づければなぁ…。

かなり生地柔らかくて手につくので手粉をしてケースから出し、抑えてガス抜き。ぷちぷちとわいてくるガスの粒はどうすればいいのか未だにわからん。8等分して丸め15分ベンチタイム。円形に手で伸ばし(やっぱりくっつくので手粉)端から巻き、コロコロと形を整え40分2次発酵。クープを入れてバターを流し、霧吹きで水をかけてオーブンで焼く。(写真左はオーブンに入れる直前。右の写真は手前と奥入れ違ってしまった)

なんかこれも生地柔らかいような気がするけどこんなものなのかな?今まで手捏ねって殆どやったこと無いし、やったとしてもベーグルだったからそう思うだけなのかな。
あと初クープ。上手く出来るわけないと思いながらやったけどやっぱブサイクだった。包丁はあまり滑らかに切れないし、バター入れる時も途中で袋が破損して悲惨な目に。どこまでもグダグダ。やっぱきちんとコルネ作らなきゃ駄目だな。お蔭様で焼き上がりのクープ周辺にじとーっと滲んでしまった。クープも剃刀のほうがいいね。(とか言ってそのうち専用の剃刀欲しくなったりして)あと、天板ギリギリいけるかなと思って1枚に全部乗せてしまったけど、3個くっついちゃった。

焼きたてを1個食べてみたけど美味しくてびっくりした。クープに絞った少量のバターの香りもいい。パリパリでふかふかで、粉の香りも良くてまさにソフトフランス。邪道だけどこっちのほうが食べやすい。HATTINGはもっと独特のもっちりしたひきみたいなものがあるんだけど、これはこれで柔らかく美味しい。これはこれでいいわーという気になった。
またそのうち作ろう。今度は発酵時間少なめにしてみようか。
▼READ MORE?

( 2008.09.07 ) ( 成形パン(シンプル) )

タグ:リスドォル 定番
Top|編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。